新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

野党時代の自民党、審議拒否連発で酷すぎる件!3年間で85回も!震災時も審議拒否!

*国会
立憲民主党などの野党が国会審議を拒否している件が一部から批判を浴びていますが、過去を振り返ってみると、今の自民党も野党時代にメチャクチャな審議拒否を連発していました。
自民党が野党だった2009年から2012年の間に審議拒否をした回数は計85回となり、震災時でも審議拒否したことがあったのです。

↓自民党が野党時代に審議拒否した事例

与党の支持者からは「野党が国会をサボっている」などと言われていますが、この審議拒否の回数を見ると、自民党の方が国会を大サボりしていたと言えるでしょう。

しかも、東日本大震災というような国難の中で審議拒否をしているわけで、今の野党とは拒否の内容が段違いに悪質です。

これを忘れて今の野党の審議拒否だけを批判している与党の支持者らはブーメランそのモノであり、審議拒否とは国会における戦略の一つであることを認識する必要があります。

震災時すらボイコット、審議拒否をあげつらう自民党の野党時代が酷すぎてブーメランの域を越える
https://buzzap.jp/news/20180428-ldp-as-opposition-party/

また2010年の参院選で民主党が敗北して自民党が改選第1党となり、いわゆる「ねじれ国会」となった後は参院問責決議案を乱発し、仙谷官房長官、馬淵国交大臣、一川防衛大臣、山岡国家公安委員長、前田国交大臣、田中防衛大臣らが更迭されることにました。

審議拒否、デマの流布、問責決議案の乱発、こうした野党自民党のなりふり構わない「反対のための反対」によって民主党政権末期の法案成立率は政府が提出する閣法ですら50%にまで落ち込むことになります。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!