新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【憲法記念日】憲法施行から71年、各党が談話を発表!声優・古谷徹さんらが憲法全文の朗読も!


本日5月3日は憲法記念日で、憲法の施行から71年となります。各党からは憲法記念日に合わせた談話が発表され、各党の憲法に対する意見が改めて示されました。

自民党は談話の中で「わが党が先頭に立って活発な国民運動を展開し、自らの未来を自らの手で切り拓(ひら)いていくという気概で、憲法改正の議論をリードしていく決意です」と述べ、憲法改正の議論を加速させる必要があると強調。

同じく政府与党の公明党も「憲法も法規範である以上、新しい時代に対応した改正があってしかるべきと考えます」「現憲法を維持した上で、必要な規定を付け加える形の加憲という方法を主張しています」などと言及し、加憲という形での改正を提案していました。

これに対して最大野党の立憲民主党は、「憲法を改めようとするのであれば、このような思想的、観念的・抽象的な議論ではなく、憲法の規定が原因で、政策遂行に支障が生じることがあるのか、あるいは憲法に規定がないことによってどのような不都合が生じるのかなど、その必要性について具体的な事実に基づいて検討されることが必要不可欠です」とコメントしています。
政府与党の憲法改正をけん制し、安倍政権はこの国のかたちを歪めていると言葉を投げ掛けていました。

各党によって憲法と向き合う姿勢が全く異なると言え、改憲路線の与党陣営と護憲の野党陣営で真っ二つに割れています。ニコニコ動画などでは憲法記念日に合わせて声優さんによる憲法全文の朗読イベントも行われており、この日を機会にして日本国憲法を改めて振り返ってみると良いかもしれません。

 

憲法施行71年 各党が憲法記念日談話を発表
https://www.asahi.com/articles/ASL515STLL51UTFK00Y.html

 日本国憲法の施行から71年になる3日、各党が憲法記念日に合わせて談話を発表した。自民党が「憲法改正の発議を目指す」と主張し、立憲民主党が「憲法を改めるなら、必要性について具体的な事実に基づいて検討されることが必要不可欠だ」と指摘するなど、それぞれが憲法改正へのスタンスを明らかにした。

声優・古谷徹の声で「日本国憲法」全文を聴こう《憲法記念日》
http://live2.nicovideo.jp/watch/lv312713094?ref=zero_nicotop

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!