新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党の加藤寛治議員「必ず3人以上の子供を産み育てて」「人様の税金で老人ホーム」

*加藤議員
自民党の加藤寛治衆院議員の発言が批判を受けています。問題視されているのは5月10日に行われた定例会合で飛び出た発言で、加藤議員は少子高齢化について「新郎新婦には必ず3人以上の子供を産み育てていただきたい」と発言。

更に続けて、「結婚しなければ、子供が生まれず、人様の子供の税金で老人ホームに行くことになる」とも述べ、国民は沢山の子供を産んで育てるべきだと主張しました。

読売新聞によると、発言直後の他の出席者から批判を受けたようですが、加藤議員は批判の声に「結婚式の時にお願いしたことを話しただけだ」などと反論していたとのことです。
しばらくして記者からも批判が強まり、それを受けて「誤解を与えた事に対し、おわびします」とのコメントを出して発言を撤回した形になったと報じられています。

一時的とは言え、批判の声にも反発していたわけで、心から発言を撤回して謝罪したとは思えないところです。

 

「3人以上子供産み育てて」自民・加藤衆院議員
http://sp.yomiuri.co.jp/politics/20180510-OYT1T50112.html

 自民党の加藤寛治衆院議員(長崎2区、当選3回)は10日、自身が所属する細田派の定例会合で、「新郎新婦には必ず3人以上の子供を産み育てていただきたい」と述べた。
「結婚しなければ、子供が生まれず、人様の子供の税金で老人ホームに行くことになる」とも発言した。発言に対し、他の出席者から、「これこそセクハラだ」などの批判が出た。加藤氏は記者団に「結婚式の時にお願いしたことを話しただけだ」などと釈明したが、その後、「誤解を与えた事に対し、おわびします」とのコメントを出し、発言を撤回した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!