新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【驚愕】税金や年金、混乱回避で「平成」を継続へ!政府「全て新元号に変えるのは無理」

*官邸
来年の天皇陛下の交代によって、元号も平成から新元号に変わりますが、政府は税金や年金システムの一部を例外扱いとする方針を固めました。

報道記事によると、税金や社会保障関連で新元号への移行が間に合わない可能性が高まっているとして、政府は新しい元号となる来年5月1日以降も「平成」の元号を一定期間使い続ける検討に入ったとのことです。

対応が間に合っているシステムに関しては予定通りに来年5月から変更する見通しですが、今の状態だと多くのシステムで混乱が発生する恐れがあるとして、そのまま数ヶ月から数年程度は平成になると報じています。

ただ、民間企業や国民からは「おかしい」「自分たちだけ特別扱いだ」などと不満の声も相次いでいました。政府が新元号の発表時期をギリギリまで遅くしている点にも批判が多く見られ、平成利用の判断は物議を醸しそうです。

 

改元後も「平成」利用へ 納税や年金システム、混乱回避
http://news.livedoor.com/article/detail/14706966/

 税金や社会保障などに関わる行政システムの一部について、政府は新しい元号となる来年5月1日以降も「平成」の元号を一定期間使い続ける検討に入った。

行政機関と民間の金融機関など複数がネットワークでつながっているシステムが対象で、納税や年金支給などで混乱を避ける狙い。こうしたシステムを利用する場合には、改元後も「平成」を使う必要がある。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!