新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アメリカの大規模な関税アップに日本やEUが抗議!G7財務相会議 「きわめて遺憾だ」


アメリカのトランプ大統領が実施した鉄鋼・アルミ製品への追加関税政策について、世界中から反発の声が相次いでいます。

6月1日にカナダ・ウィスラーで開催された主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議では、アメリカに対する批判声明が相次ぎ、日本もEU諸国に同調する形で「極めて違和感」とのコメントを発表。
会議に参加していた麻生太郎財務相は「(米国は)しんどかったと思う」と述べ、アメリカの立場に同情していました。

一方で、アメリカの方は自動車への追加関税も検討中だと発表し、日本を含めて世界各国の経済に悪い影響を及ぼす可能性が指摘されているところです。
日本やEU諸国の批判声明も効力があるのか怪しく、トランプ大統領はこれから何らかの具体的な譲歩を要求してくるとも見られています。

 

G7財務相会議、米の追加関税に批判 日本も遺憾表明
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000024-asahi-pol

 カナダ・ウィスラーで開かれている主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は1日(日本時間2日)、2日目の議論に入った。米国が欧州連合(EU)やカナダに課した鉄鋼・アルミ製品への追加関税をめぐり、ほかの国から批判が相次いだ。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!