新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

侵攻から100日間、セベロドネツクでウクライナ軍が反撃 20%奪還と報告!両国妥協せず戦争が長期化  


*BBC
6月3日でロシアのウクライナ侵攻開始から100日間が経過しました。
この100日間でロシア軍は1万人を超える兵士を失ったと見られ、戦車1000両以上や多数の火砲、ヘリコプター、戦闘機を喪失したと推計されています。

首都キエフ(キーフ)の攻略に失敗したロシア軍はそこから部隊を再編成して、東部地方で大規模な攻勢を実施。
ウクライナ東部ルハンスク州は9割がロシア軍に制圧されましたが、最後の要衝である「セベロドネツク」でウクライナ軍が激しく抵抗し、一時はほぼ全域を抑えられたウクライナ側が20%を奪還することに成功しました。

一方で、4月頃に浮上した休戦や和平の話は全く進展しておらず、ロシアもウクライナも共に一歩も譲らない姿勢を貫いています。
ウクライナのゼレンスキー大統領も100日間に合わせて演説動画を公開し、引き続きウクライナの領土を完全奪還するまで戦いを続けると宣言していました。

↓ISW戦況報告

 

ウクライナ軍、東部要衝セベロドネツクで反撃 20%を奪還
https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-idJPKBN2NK1U0

[セベロドネツク(ウクライナ) 3日 ロイター] – ウクライナ東部ルハンスク州のガイダイ知事は3日、ロシア軍の攻撃が続く要衝のセベロドネツクで、これまでにロシア軍の手に落ちた地域の20%をウクライナ軍が奪還したと明らかにした。
ガイダイ知事は国営テレビに対し「状況は困難だがウクライナ軍は約20%を奪還し、ロシア軍の制圧下にある地域は約70%となった」と述べた。

【ウクライナ】侵攻100日「一定の成果」とロシア、穀物輸出容認と言明
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-03/RCVSFYT0G1KX01

ロシアがウクライナへの侵攻を開始して6月3日で100日。英国の分析によると、ロシア軍は東部ドンバス地方の制圧に向けて勢いを増している。
プーチン大統領はウクライナ産穀物の輸出を容認すると発言。ウクライナが機雷を除去すれば、ロシア軍が港湾攻撃に踏み切ることはないと表明した。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!