新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党・青山繁晴議員、英語の発音でブチギレ!青山氏「パンピーオ」専門家「ポンペイオ」


自民党の青山繁晴議員が英語の発音で激怒しています。

キッカケはネット番組で紹介されたマイク・ポンペオ米国務長官の発音で、青山繁晴議員は隣に座っていた専門家の小西克哉氏(翻訳家)を批判する形で「パンピーオ!パンピーオ!パンピーオ!」と繰り返して発言。
別に「マイク・ポンペオ」で間違っていないのですが、何故か独自の「パンピーオ」が正しいとして何度も強調していました。

そして、後日に別の番組で「国務省に確認した」として自分の発音が正しかったとコメントしています。更には発音の解説を開始し、「パン!ではなくてパンッです」などと自信満々に語っていました。

ちなみに、マイク・ポンペオ米国務長官は記者会見で「ポンペイオ」という発音で話していたところです。現職議員が英語の発音でこんなにもヒートアップしているのは謎で、まるで場違いの芸人みたいな感じがあると言えるでしょう。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!