新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

サッカーW杯、日本がコロンビアに勝利!瞬間最高視聴率は55.4%!サポーターのゴミ拾いを地元紙が称賛


6月19日に行われたサッカーワールドカップ・ロシア大会の1次リーグ・グループHで日本は初戦に強豪のコロンビアと激突し、2-1で見事に勝利することが出来ました!

世界ランキング16位で優勝候補の一角でもあったコロンビアに勝利したという報告は日本中を騒がせ、一夜が経った後も興奮が収まる気配がないです。
試合時の視聴率も48・7%と非常に高く、瞬間最高視聴率は55.4%を記録していました。

コロンビアの地元紙は日本人サポーターがゴミ拾いしていた様子を大きく取り上げ、エル・ヘラルド紙は「試合後に日本人のサポーターはスタジアムのゴミを拾っていた。2014年に行われたブラジルでのワールドカップに続き、日本的文化と規律を示した。ゴミを拾う日本人サポーターを祝福するコロンビアファンの姿が多く、スポーツマンシップに溢れる光景であった」と称賛。
単純な試合内容だけではなく、日本人サポーターの姿勢もとてもよく評価された形だと言えるでしょう。

日本チームは第2戦でセネガルに勝てれば、決勝トーナメント進出を決める可能性があります。それだけに次の試合もコロンビア戦並みに注目したいところです。

 

サッカーW杯 日本がコロンビアに勝利
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180619/k10011486521000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003

サッカーワールドカップ ロシア大会、1次リーグのグループHで日本は初戦、コロンビアと対戦し、香川真司選手と大迫勇也選手のゴールで2対1で勝ちました。

白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞
https://mainichi.jp/articles/20180620/sck/00m/050/024000c

2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦で日本代表はコロンビア代表と対戦した。日本代表は試合に2-1で勝利し、歴史に残る白星発進となった。試合後に日本人サポーターがスタジアム内でゴミ拾いを行なっていたことをコロンビア紙『エル・ヘラルド』が取り上げている。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!