ヘッドライン

インドネシアのバリ島でアグン山が噴火!高さ2000メートルの噴煙も!半径2キロに溶岩


インドネシアのバリ島にあるアグン山(標高:約3000メートル)で噴火が発生しました。海外メディアによると、今回の噴火によって高さ約2000メートルの噴煙を観測し、山頂から半径2キロの範囲に大量の溶岩が流出したとのことです。

アグン山では昨年11月に50年ぶりの噴火が起きており、それからずっと火山活動が続いていました。インドネシア政府は警戒レベルを引き上げると同時に、バリ国際空港を一時閉鎖すると発表。
周辺住民らに注意を促して、火山の監視体制を強化するように指示を出しました。

 

アグン山
https://www.google.co.jp/maps/place

バリ島アグン山がマグマ噴火=半径2キロに溶岩-インドネシア
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018070300022&g=int

【ジャカルタ時事】インドネシアの人気観光地バリ島のアグン山が2日午後9時(日本時間同10時)すぎ、噴火した。エネルギー鉱物資源省によると、溶岩を伴うマグマ噴火で、噴煙は山頂から約2000メートルの高さに達し、溶岩は半径2キロにわたって流出した。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    地球の地軸がずれ始めてるポールシフト現象といつ起きても不思議ではないとされる磁極のポールシフト。それと5年前から突入しているフォトンベルト。フォトンベルトの中に入れば入るほど、地球に降り注ぐエネルギーが増し予測不能の強い振動が世界中に招じることになるだろうね。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next