新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

佐野局長の逮捕に文科省衝撃!次官候補のエース、容疑者の認否は非公開 「官邸がリークしたのか?」

*文科省
文部科学省の科学技術学術政策局長・佐野太容疑者(58)が受託収賄容疑で逮捕された事件が文科省に衝撃を与えています。逮捕された佐野局長は次官候補にも名前が挙がるエリート中のエリートで、省内での評価はかなり良かったと報道されていました。

実際にメディアの取材を受けた職員のコメントでは、「仕事をたんたんとこなす優秀な上司。家族のことやプライベートなことは言わないタイプだった」というような評価がされており、佐野局長の直属の部下である男性はニュースを聞いて呆然としたとも報道されているほどです。
今回の逮捕について特捜部は佐野容疑者の認否を明らかにしておらず、佐野局長側の意見が全く報道されていないのが気になると言えるでしょう。

佐野容疑者は東京医科大(東京都新宿区)を文部科学省の私立大学支援事業の対象に選定するよう便宜を図る見返りに、自身の子どもを医科大に不正入学させたと報道されていますが、ここまで大きな便宜の見返りが自分の子供の入学というのはかなり稀です。
普通は重要なポスト(地位)を要求したり、何らかの金銭などのやり取りが多いと言われています。

昨年頃から加計学園問題と平行するような形で昨年頃から文科省の不祥事や天下り問題などが表面化していますが、他の省庁でも同じようなことが行われている事を考えると、この流れが果たして偶然なのか疑問の余地があるところです。
安倍政権内で文科省の解体を目指すような動きがあるというような話も聞こえ、かつての大蔵省のような形で解体論が出てくる恐れも否定は出来ないと推測することが出来ます。

 

文科省局長を逮捕 受託収賄容疑 子の大学合格見返り
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018070502000157.html

 東京医科大(東京都新宿区)を文部科学省の私立大学支援事業の対象に選定するよう便宜を図る見返りに、自身の子どもを医科大に不正入学させてもらったとして、東京地検特捜部は四日、受託収賄容疑で、同省科学技術・学術政策局長佐野太容疑者(58)を逮捕した。受託収賄ほう助容疑で会社役員谷口浩司容疑者(47)も逮捕。関係者によると、選定を依頼した贈賄側とされるのは医科大の幹部で、特捜部は在宅で捜査している。

前年度の落選きっかけか=支援事業で東京医科大―文科省汚職・東京地検
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000011-jij-soci

 文部科学省の私立大支援事業の選定をめぐる汚職事件で、受託収賄容疑で逮捕された同省前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)=官房付=の子どもを不正合格させたとされる東京医科大(東京都)が、支援対象に選ばれる前年度にも事業に応募したが、落選していたことが5日、関係者への取材で分かった。

「官邸のリークなのか」疑心暗鬼の文科省 受託収賄容疑で局長逮捕の衝撃
https://dot.asahi.com/aera/2018070400100.html?page=1

「こんな昭和みたいなこと、誰がやるんだよ」
東京地検特捜部が文部科学省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)=東京都港区=を受託収賄容疑で逮捕したと発表。この報道に、文科省内ではそんな怒号が飛んでいたという。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!