新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ワクチン接種センター、対象年齢を18歳~64歳に引き下げ!電話予約も開始 予約枠の大量空きで政府が方針転換


*大規模接種センター
政府は新型コロナウイルス用のワクチンを提供している大規模接種センターで、接種の対象年齢を65歳以上から18歳~64歳に引き下げると発表しました。

大規模接種センターでは1日1万を超えるワクチン提供体制が整いましたが、今月に入ってから予約枠の空きが急増し、その分を自衛官や警察官など公務員への予防接種としていました。
それでも6月14日の時点で13万件の空きがあるとして、防衛省は接種能力を活用するために対象年齢の引き上げを決定。

NHKの報道記事だと、6月17日から年齢の引き下げを行い、幅広い世代にワクチン接種を呼び掛けるとしています。

ただし、若者が接種を受けるには自治体から送られる接種券が必要で、それが無いとワクチン接種は出来ないです。

 

17日から18歳~64歳にも接種へ 大規模接種センター 防衛省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210614/k10013085161000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

政府が設置した新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは予約枠に空きがあることから、防衛省は、65歳以上としている対象年齢を大幅に引き下げ、17日から18歳~64歳の人にも接種を行う方針を固めました。

政府が設置した大規模接種センターでは65歳以上の高齢者を対象に接種が進められていますが、6月27日までの期間については予約枠に多くの空きがあり、防衛省は、電話での予約の受け付けを始めたほか、14日からは東京の会場で自衛官や警察官など、危機管理に関わる分野の公務員への接種も開始しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!