新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】広島県・岡山県・鳥取県に大雨特別警報を追加!気象庁が最大級の警戒を呼び掛け


7月6日19時ごろに気象庁が広島県や岡山県、鳥取県に大雨特別警報を発令しました。既に福岡県や佐賀県、長野県にも大雨特別警報が出ており、これで計6県が大雨特別警報の対象エリアとなります。

18時に行った臨時の記者会見で気象庁は「これまでに経験したことのないような大雨になっている。重大な危険が差し迫った異常事態で、土砂崩れや浸水による重大な災害がすでに発生していてもおかしくない状況だ」と述べ、今回の大雨は過去に例がないほどの規模になる恐れがあると指摘。

そして、大雨の影響で避難が厳しい住民に対し、「地元市町村からすでに発令されている避難情報に直ちに従うなど、適切な行動をとってほしい。危険な場所には近づかないでほしい。すでに外出が危険な場合には少しでも命が助かる可能性が高い行動として、家の中でも2階以上や崖の反対側などのより安全な場所に退避するなど、最善を尽くしてほしい。これから夜になることから、周囲の状況を十分に確認して行動してほしい。避難を完了している場合も油断しないでほしい」ともコメントしました。

特別警報は気象庁が発表している警報の中で一番レベルが高く、数十年に一度クラスの災害時に発表されます。

 

気象庁
http://www.jma.go.jp/jp/warn/

気象庁「重大な危険が差し迫った異常事態」大雨特別警報で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180706/k10011516711000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

福岡県と佐賀県、それに長崎県に大雨の特別警報が発表されたことについて、気象庁の梶原靖司予報課長は先ほど午後6時すぎからの記者会見で、「福岡県と佐賀県、長崎県ではこれまでに経験したことのないような大雨になっている。重大な危険が差し迫った異常事態で、土砂崩れや浸水による重大な災害がすでに発生していてもおかしくない状況だ」と述べました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!