新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【影響大】アメリカのFRB、10年半ぶりに利下げ!リーマンショック以来の変更に株価急落!政策金利0.25% 

*FRB
7月31日にアメリカの中央銀行にあたる連邦準備理事会(FRB)が10年ぶりの利下げを発表しました。
31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で正式に政策金利を0.25%引き下げると決定し、パウエル議長は「景気循環の途中の調整」とコメントを発表。この利下げを受けてアメリカのNYダウ平均株価が急落しており、現在も市場は不安定な動きとなっています。

前回の利下げは、リーマンショックによる金融危機直後だった2008年12月で、緩和政策は量的緩和第3弾(12年9月~14年10月)が最後でした。再び金融緩和路線にアメリカが転じたことで、アメリカとの貿易量が多い日本経済にも大きな影響が出そうです。
ただ、パウエル議長は今回の利下げを「一時的な対応」としており、今後の情勢によっては利上げもあり得るとしています。

 

NYダウ平均株価
https://nikkei225jp.com/nasdaq/

米FRB、10年半ぶり利下げ 0.25% 資産縮小も終了
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48049540R00C19A8000000/

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を0.25%引き下げ、10年半ぶりの利下げに踏み切った。貿易戦争のリスクを警戒し、景気悪化を未然に防ぐ。パウエル議長は「景気循環の途中の調整」と述べ、長期の利下げ局面入りは否定した。ただ、基軸通貨ドルを抱えるFRBの利下げは、世界的な「金融緩和競争」を招く可能性もある。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!