【悲報】自民党の議員連盟、会合で「ネット書店課税」が浮上!ネット値引きの規制も?「実店舗を圧迫」

*自民党
自民党の議員連盟がネット書店への課税を提案して物議を醸しています。問題となっているのは自民党の「全国の書店経営者を支える議員連盟」(会長・河村建夫元官房長官)が7月12日に開いた会合で、出席した書店経営者から「インターネット書店課税」創設の要望が出てきました。

これはインターネットで販売されている書籍や電子書籍などを対象に税金を追加するという案で、提案者からは「われわれは固定資産税を払っている。区別を図ってほしい」などとコメントがあったと報じられています。

また、同時に著作物の定価販売を定めている「再販制度」を維持するためとして、ネット販売の過度なポイント還元による実質的な値引きの規制も要請がありました。

事実上のネット販売規制だと言え、ネットユーザーたちからはこの報道に怒りの声が殺到しています。今の時点では提案だけとなっているようですが、過去に提案を受けて議員連盟が動いて法律が作られたこともあるため、続報に注意が必要だと言えるでしょう。

 

「ネット書店課税」創設を要望 実店舗経営者、自民党の会合で
https://this.kiji.is/390111809132954721

 自民党の「全国の書店経営者を支える議員連盟」(会長・河村建夫元官房長官)が12日に開いた会合で、出席した書店経営者から「インターネット書店課税」創設の要望が上がった。インターネットによる書籍販売が普及し、実店舗の経営が圧迫されているとして「われわれは固定資産税を払っている。区別を図ってほしい」などと訴えた。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    税金泥棒政権のカツアゲ、ピンはねをなんとかしないと。

  • 匿名 より:

    ただの増税。許すな国民!

  • 匿名 より:

    そんなことより Amazon に課税しろ!
    外形標準課税方式でいいんじゃないかい!?
    私は Amazon でリアル商品を選択 ⇒ yodobashi.com とかセブンネットショッピングで購入です。リアル書籍は近所の書店で購入か取り寄せ。リアル書籍の最期も近いようだけどね。

  • 匿名 より:

     みんなでよってたかって「規制緩和」「価格破壊」「大規模小売店舗立地法を制定」などで,小さい店を破壊しまくった。結局生き残るのは,大きな資本力を持ったチェーン店ばかり。日本の極めて多くの商店街が【シャッター商店街】になっていく。
     私もよく考えることもしないで「価格破壊」を歓迎していたので,偉そうなことは言えないのだが,大規模小売店舗立地法がこの国の風景を殺風景なものにしていっている。
     いまさら元にはもどせないだろう。意外に地方では,コンビニが【移動コンビニ】とかの取り組みをやっていたりして,コンビニが過疎地の購買難民を救っている面もある。

  • 匿名 より:

    また竹中平蔵の悪知恵じゃねぇの。

  • 匿名 より:

    で、その税金は何に使うの?

    まあ良いとして、時代が変わり役目を果たした文化は消え去る物だと思いますけどね
    新聞も雑誌も漫画もデータが楽ってみんなが選択すればそれはそれで良いでしょう
    それに日本の出版業界が全く時代についていけないせいで海外企業に食われてるんだから
    業界としての努力が全く足りてませんよ

  • opt より:

    消費者を敵に回す。
    JASRAC、ニュース女子と一緒。

  • 匿名 より:

    反知性主義者達にとって本が売れなくなる(出版がますます難しくなる)のは良い事だから

  • 戸田城聖 より:

    都内でさえ書店が一軒もない駅近商店街がある。ましてや地方在住者に書店に行けとは酷だろう。
    そもそも書店が受け取る利幅が少ない構造的欠陥が放置されたまま。「出席した書店経営者」って実状わかってるのか? 全国の書店経営者を支える議員連盟とか、とにかく票田や献金目的、利権確保の議員連盟が多過ぎる。
    本当に全国の書店経営者がこんな要望をしたなら時代錯誤も甚だしい。さらなる反発で消費者はリアルな書店を嫌う事になるだろう。書店の必要性、価値もまだまだ充分にあると思う。むしろ出版社や大手の取次が改善すべき事案の方が優先だろうに。