新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

天皇陛下在位30年記念式典 沖縄出身の歌手・三浦大知さんが独唱 「我が国と世界の人々の安寧と幸せを」


2月24日に皇居で天皇陛下の即位30年を祝う記念式典が行われました。式典では安倍総理大臣を始め、日本政府の関係者や政財界の重鎮たちが参加。式典の途中で沖縄出身の歌手・三浦大知さんが天皇皇后両陛によって作られた歌を独唱し、皇太子ご夫妻など皇族方から祝賀を受けられました。

天皇陛下は演説の中で、「天皇として即位して以来今日まで、日々国の安寧と人々の幸せを祈り、象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました。しかし憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く、これから先、私を継いでいく人たちが、次の時代、更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています」と述べ、次の時代に天皇としての象徴像を引き継いで欲しいと言及。

そして、日本国民と世界中の人々に感謝するとして、「今日このような式典を催してくださった皆様に厚く感謝の意を表し、ここに改めて、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と陛下は感謝の気持ちをコメントしていました。

 

天皇陛下おことば 全文
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190224/k10011826401000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

在位30年に当たり、政府並びに国の内外から寄せられた祝意に対し、深く感謝いたします。

即位から30年、こと多く過ぎた日々を振り返り、今日こうして国の内外の祝意に包まれ、このような日を迎えることを誠に感慨深く思います。

平成の30年間、日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ、近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持ちましたが、それはまた、決して平坦な時代ではなく、多くの予想せぬ困難に直面した時代でもありました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!