新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

消費者物価指数がマイナス0.2%に転落!授業料だとマイナス15.8%!生鮮食品は大幅増、デフレに逆戻り


政府が発表した4月の消費者物価指数がマイナスに転じました。

総務省によると、今年4月の消費者物価指数は去年と比べて0.2%の下落となり、3年4ヶ月ぶりのマイナスを記録したとのことです。新型コロナウイルスの影響で全体的に数字が落ち込んでおり、教育分野だと授業料でマイナス15.8%と記録的な数字になっていました。

逆に上昇幅が大きかったのは生鮮食品で、6.7ポイントも上昇しています。

自粛ムードが強まったことで外出が減少し、教育や宿泊、娯楽関連が一気に下がった代わりに、地元で買えるような生鮮食品関連が跳ね上がった流れです。

安倍政権はインフレ率の上昇を維持するとしていただけに、マイナスへの転落は明確にアベノミクスが終わったことを示すと言え、これからはデフレを前提とした経済政策が必要になると見られています。

 

消費者物価指数 総務省
https://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/pdf/zenkoku.pdf

消費者物価指数 3年4か月ぶりのマイナス 新型コロナ影響
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200522/k10012440151000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

家庭で消費するモノやサービスの値動きを見る先月・4月の消費者物価指数は、去年の同じ月と比べて0.2%下落し、3年4か月ぶりにマイナスに転じました。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を背景に需要が減るとして原油価格が下落しガソリンなどが値下がりしたためです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!