新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】猛暑で熱中症が相次ぐ!広島・岡山・愛媛で133人を搬送、被災地では粉じんで結膜炎も


豪雨の被災地がとても大変な状況になっています。7月14日は猛暑の影響で熱中症になる住民が続出し、被害が大きかった広島、岡山、愛媛の3県で計133人が搬送されました。

また、温度が急上昇したことで乾燥した泥が舞い上がり、感染症や結膜炎の報告も相次いでいると報じられています。現地で対応している医師は舞い上がっている泥に病原菌が付着している可能性が高いとして、マスクや手洗いの徹底を呼び掛けているところです。

今月は下旬まで猛暑が続く見通しで、しばらくは被災地を含めて厳しい天気が続くことになるでしょう。

 

粉じん舞う被災地 感染症や結膜炎相次ぐ 岡山
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180714/k10011533551000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

今回の豪雨で、深刻な浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備町などで、被災した住民が感染症や結膜炎と診断されるケースが相次いでいることが医療チームの調査で明らかになりました。調査した医師らは、衛生環境の悪化に加え、泥水が乾燥して土ぼこりとなり細菌やウイルスを含む粉じんが、のどや目に付着しやすくなっているとして注意を呼びかけています。

豪雨被害の広島 岡山 愛媛で133人が熱中症で搬送
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180714/k10011533811000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

今回の豪雨災害で特に被害が大きかった広島、岡山、愛媛の3県の消防などに取材したところ、熱中症とみられる症状で14日、病院に搬送された人は広島県で69人岡山県で46人愛媛県で18人の合わせて133人に上っています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!