新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

気象庁が緊急記者会見!埼玉県熊谷で41℃、歴代最高気温を更新!「8月も猛暑継続の恐れ」


7月23日に気象庁が緊急の記者会見を行い、連日の猛暑が来月も継続する可能性があると警鐘を鳴らしました。気象庁によると、今日の埼玉県熊谷市で過去最高となる41度1分を観測し、全国各地で40度に迫るような猛暑日になったとのことです。
この異常な暑さは今月一杯だけではなく、8月上旬も場所によっては継続する恐れがあると気象庁は指摘しています。

特に西日本豪雨の被災地は熱中症のリスクが高いとして、「健康管理に十分注意し、水分や適切な塩分補給を心がけてほしい。特に、今回の豪雨の被災地では熱中症にかかるリスクがより高くなっているため、できるかぎりの対策をとってほしい」と注意を呼び掛けました。

全国各地から熱中症の被害報告が相次いでいる状態で、猛暑の影響で地域の恒例行事を見直す場所も出てきています。

 

「8月上旬にかけ 猛暑日続くところも」気象庁会見
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180723/k10011545221000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

猛烈な暑さと今後の見通しについて、気象庁気候情報課の竹川元章予報官は、午後5時から記者会見を開き「7月中旬以降、東日本と西日本では太平洋高気圧に覆われて、気温がかなり高い日が続き、23日は埼玉県熊谷市で国内の観測史上最高となる41度1分を観測しました。気温の高い状態は8月上旬にかけて続き、最高気温が35度以上の猛暑日が続くところもある見込みだ。健康管理に十分注意し、水分や適切な塩分補給を心がけてほしい。特に、今回の豪雨の被災地では熱中症にかかるリスクがより高くなっているため、できるかぎりの対策をとってほしい」と呼びかけました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!