新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

大手まとめブログ「保守速報」の裁判、2審も賠償命令!「強烈で感情をあおる表現行為」


*保守速報
大手まとめブログ「保守速報」から誹謗中傷や差別を受けたとしてフリーライターの李信恵さんが訴訟を起こした問題で、大阪高等裁判所が一審に続いてサイトの運営側に賠償を命令しました。

報道記事によると、二審の大阪高等裁判所は「このまとめサイトは運営者が一定の意図に基づいて新たに作成したもので、引用元の投稿サイトからは独立した表現行為だ。読者に与える印象も、より強烈で感情をあおるものになっている。人種差別や女性差別の内容が多数含まれていて非常に悪質だ」との見解を発表し、2ちゃんねるの内容をまとめたブログであっても編集によって独立した表現となっていると指摘。

保守速報側は「別の掲示板サイトの投稿を集めただけで、名誉毀損や侮辱などの新たな意味合いは生じさせていない」などと反論していましたが、これを一蹴した形です。
いわゆるヘイトスピーチ問題から起きた今回の訴訟ですが、同時に2ちゃんねるやSNSの投稿をまとめただけのブログでも人種差別や名誉毀損が成立することを示した訴訟だと言えるでしょう。

↓保守速報のコメント

 

「まとめサイト」で差別的な投稿 2審も運営者に賠償命令
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180628/k10011499071000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

在日朝鮮人のフリーライターが、インターネット上の情報をテーマごとに集めて紹介する「まとめサイト」に差別的な投稿を載せられたと訴えた裁判で、2審の大阪高等裁判所は「引用元とは独立した表現行為で、内容も悪質だ」として、1審に続いてサイトの運営者に200万円の支払いを命じました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!