新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

海外メディアも猛暑の東京五輪に疑問視!報道が相次ぐ!「マラソンランナーに命の危険」


日本が記録的な猛暑となっていることを受けて、海外メディアでは2020年に開催予定の東京オリンピックを不安視する声が相次いでいます。

実際の報道記事を見てみると、首都圏の埼玉県で40℃の猛暑なったことを紹介した上で、「マラソンランナーにとって命の危険がある」「観客の安全は大丈夫か?」などと疑問を投げ掛けていました。

日本政府の対策案として街路樹の増設や道路舗装の変更、氷水の配布などがありますが、いずれも場当たり的な対処法だと指摘を受けています。
このまま7月に東京で開催するのは非常にリスキーだと言え、開催出来たとしても熱中症の患者が殺到するようなオリンピックになる可能性がありそうです。

 

Japan heatwave: record broken as concern grows over 2020 Olympics
https://www.theguardian.com/world/2018/jul/23/japan-heatwave-prompts-concern-over-conditions-for-2020-olympics


The temperature rose to a record 41.1C (106 Fahrenheit) in a city north-west of Tokyo on Monday, as Japan’s deadly heatwave fuelled fears about potentially dangerous conditions for athletes and spectators at the Tokyo 2020 Olympics.

The temperature was recorded in Kumagaya, in Saitama prefecture, topping the previous high of 41C in the western prefecture of Kochi in August 2013, the Japan Meteorological Agency said. Records go back to varying dates for different cities, with data for Kumagaya starting in 1896.

Several events are being held this week to mark the two-year countdown to the Olympics, but sweltering weather across the country has brought fresh concerns over the risk of heatstroke.

海外メディア “猛暑で東京五輪を不安視”の報道相次ぐ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180725/k10011547641000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

日本で連日、猛烈な暑さが続く中、海外のメディアからは、2年後の東京オリンピックの開催時期を不安視する報道が相次いでいます。

このうち24日付けのアメリカの有力紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」は、日本で続く猛暑について特集記事を組み、危険な暑さで死亡する人が相次いでいるなどと伝えています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!