新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党・杉田水脈議員のLGBT発言、野党にも波紋!立憲民主は同性婚法案を検討


自民党の杉田水脈議員がLGBT(同性愛者)について「生産性が無い」などと発言した問題で、最大野党の立憲民主党は同性婚を認める法案の作成を検討していることが分かりました。

立憲民主党の福山幹事長は記者会見で、「LGBTの皆さんが生きやすく、理解が広がった社会にするべきだという世界の潮流がある中で、全く時代遅れの無理解な人権無視の発言だ」と述べ、杉田水脈議員の発言を強く批判。
その上で、あらゆる場面での差別解消など人権の確保・確立を目指した同性婚を認めるための法案を立憲民主党が検討していると報じられています。

立憲民主党は同性婚について「可能とするよう法的整備をすることに憲法上の支障はないものと認識する」などと強調しており、秋の国会で何らかのアクションをすることになりそうです。

一方で、世論を見てみると同性婚の容認は賛否両論で、同性婚に反対している意見も根強くあります。

 

立民 同性婚を可能にする法整備を検討へhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20180730/k10011555561000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

LGBTと呼ばれる人たちの人権の確立につなげるため、立憲民主党は、同性どうしの結婚を可能にする法整備に憲法上の支障はないとして、具体的に検討していくことにしています。

「LGBT 生産性ない」自民 杉田議員の発言に野党から批判
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180730/k10011556641000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

自民党の杉田水脈衆議院議員が、LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちについて、「『生産性』がない」などという考えを示したことに対し、野党側からは「議員の資格がない」などと批判が相次ぎました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!