新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【速報】日本銀行が金融緩和策を一部修正!長期金利の上昇を許容へ 住宅ローンにも波及か


日本銀行が7月31日の会合で金融緩和策の一部を修正すると発表しました。

日銀は大規模な金融緩和策の副作用を和らげるとして、長期金利の変動が拡大することを容認すると表明。声明の中で「金利は経済・物価情勢などに応じて上下にある程度、変動しうるものとする」などと述べ、日本銀行は0%を維持していた国債の利回りを見直すと明らかにしました。

当初は大規模な金融緩和策を中止するとの情報もあっただけに、今回の決定を受けて市場では金融緩和策の持続を期待して買い注文が広がっています。

ただ、金利の上昇を容認したことはそれだけ切羽詰まっている状況が近付いていることを示唆していると言え、金融緩和策の限界が目の前に来ている可能性が高いです。
今回の政策は住宅ローンなどの変動幅にも影響があると見られ、将来的には爆弾となる要素も含んでいます。

 

日銀 長期金利の一定の上昇容認する新たな措置
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180731/k10011557321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

日銀は、31日まで開いた金融政策決定会合で、今の大規模な金融緩和策を一部修正し、長引く金融緩和による副作用を和らげ、金融緩和の持続性を強化するため長期金利の一定の上昇を容認するなどの新たな措置を取ることになりました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!