新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

森友文書の改ざん、与党側は佐川氏の偽証を否定!野党は告発要求!「虚偽には当たらない」


今年3月に国会で行われた佐川元理財局長の証人喚問で「虚偽発言があった」として野党が告発を求めていましたが、与党側は「証言は虚偽には当たらない」として告発に賛同しないと表明しました。

報道記事によると、野党が佐川氏の告発を求めたところ、与党側は大阪地検特捜部が佐川氏を不起訴としたことを参考にした上で、「告発は名誉毀損や人権侵害になりかねず、慎重に行うべきだ」などと言及したとのことです。

あくまでも誠実な答弁だったとして、「記憶に忠実な証言であるかぎり、客観的に誤っていても、虚偽には当たらない」というような主張を与党側は繰り返していました。

これに対し野党は反発し、今後の対応や議論を検討するとしています。佐川氏の証言を巡っては与野党で今も評価が割れているところで、告発の動きも中々進んでいないです。

 

財務省文書改ざん 与党側「佐川氏証言は虚偽に当たらない」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180803/k10011562401000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

財務省の文書改ざん問題をめぐり、野党側が求めていた佐川元理財局長の偽証の疑いでの告発について、与党側は「証言は虚偽には当たらない」などとして賛同できないと伝えました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!