新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【疑問】東京五輪の猛暑対策、「打ち水効果」を都が本格調査へ!住民からは批判も

*打ち水
2020年の東京オリンピックに向けた猛暑対策として、東京都は「打ち水」の効果を調査するための実証実験を行いました。
報道記事によると、この実証実験は皇居外苑(千代田区)で行われ、農業用ビニール製散水パイプを路面に設置して水を散布したとのことです。

都は打ち水をすることで気温を下げることが出来る可能性があると見ていますが、別の調査機関が行った実証実験だと、打ち水の水分が蒸発し、湿度が上がることで「逆に辛くなる」というような情報もあります。
打ち水の効果は非常に微妙で、住民からも効果を疑問視する意見が相次いでいました。

 

猛暑に「打ち水効果」=皇居外苑で五輪対策実験-東京都
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018081300084

 2020年東京五輪・パラリンピックの猛暑対策の一環として、東京都は13日午前、競歩の発着点であり、マラソンコースに含まれる皇居外苑(千代田区)で観客向けの実証実験を行った。歩道に散水することで路面の熱を奪い温度を下げる「打ち水効果」を狙っており、路面温度がどの程度低下するか測定する。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!