新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】霧島連山・新燃岳で火山性地震が急増!1日で100回以上発生!気象庁が注意喚起


宮崎県と鹿児島県の県境にある霧島連山・新燃岳で火山性地震が急増しています。

気象庁によると、8月26日に24時間で100回以上の火山性地震を観測したとのことです。26日午前0時ごろから火山性地震の数が増加し、午後3時までに138回の火山性地震が捉えられました。

気象庁はこの火山性地震の増加を受けて、「噴火の恐れがある」と注意を呼び掛けています。新燃岳では今年に入ってからも噴火活動などが観測されており、2011年以来の活発な状態が継続しているところです。

 

気象庁 平成30年8月27日16時00分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台発表
https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/551.html#kaisetsu


<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
新燃岳では、火山性地震が昨日(26日)と比べて減少していますが、火山活動がやや高まった状態が続いています。
火山活動の状況
新燃岳では、昨日(26日)新燃岳火口直下を震源とする火山性地震が154回発生し、大幅に増加しました。本日(27日)は15時までに20回発生し、昨日と比べて減少していますが、引き続き多い状態で経過しています。また、浅い所を震源とする低周波地震が時々発生しています。
振幅の小さな継続時間の短い火山性微動が時々発生しました。

傾斜計の観測データに特段の変化は認められません。

本日、白色の噴煙が火口縁上100mまで上がりました。

8月24日からの火山性地震、火山性微動の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

火山性地震 火山性微動
8月24日       40回    0回
25日       47回    1回
26日      154回    1回
27日15時まで  20回    1回

新燃岳では、火山活動がやや高まった状態が続いていますので、今後気象台が発表する情報に留意してください。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!