新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

憲法改正が本格化、自民・下村博文氏が各党に改正案提示の意向!臨時国会に提出へ

*官邸
憲法改正に向けた動きが活発化しています。自民党の下村博文・憲法改正推進本部長は今月下旬に招集される臨時国会で憲法改正案を提示する可能性があるとして、各党に対して理解を求めました。

報道記事によると、自民党は臨時国会で国民投票の利便性を高めるための国民投票法の改正案を成立させるとともに、衆参両院の憲法審査会に党の憲法改正案を提示させる方向で調整を進めているとのことです。
自民党としては今年中に憲法改正案を揃えて、来年には憲法改正の国民投票が出来るような体制を準備したいのだと思われます。

ただ、連立与党の公明党はまだ調整中で、野党からは憲法改正そのものに反対との声が根強いです。世論調査でも半数以上が憲法改正に反対しており、憲法改正への警戒感は高いと言えるでしょう。

 

自民 下村氏 改憲案提示に向け各党に理解求める考え示す
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181016/k10011673811000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

憲法改正をめぐって、自民党の下村憲法改正推進本部長は、今月下旬に召集される臨時国会で憲法審査会に党の改正案を提示することを目指して、公明党や野党側に理解を求めていく考えを示しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!