新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

コンビニ前の飲食行為は消費税10%に!軽減税率で混乱も!市民「止めてほしい」


来年に実施される消費税10%と軽減税率について、国税庁はコンビニやスーパーなどに設置されている飲食スペースを軽減税率の対象外にすると発表しました。

報道記事によると、飲食料品を購入した客が会計の際に「ベンチで食べると」答えた場合は外食扱いになり、消費税が10%になるとのことです。
軽減税率では外食を対象外にすると決まっており、コンビニやスーパーの飲食スペースを巡って政府内でも意見が割れていました。

一方で、国民からは軽減税率そのものへの反発や疑念の声が多く、食品をまとめて全て軽減税率の対象にするように求める声もあったところです。

 

店先ベンチで飲食も「イートイン」…軽減対象外
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181106-OYT1T50068.html 

2019年10月の消費税率10%への引き上げと同時に導入される軽減税率を巡り、国税庁は、コンビニエンスストアやスーパーの店先に設置されたベンチも店内の飲食スペース「イートイン」と同じ扱いにする方針だ。飲食料品を購入した客が、会計の際にベンチで食べると答えた場合は「外食」扱いになり、10%の税率を課す。税率を8%に据え置く軽減税率の対象にはならない。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!