新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【移民法】入管法改正案、政府与党と維新が修正合意!明日にも採決!自民党「採決に向け環境整いつつある」


外国人労働者を大量に受け入れるための入管法改正案について、政府与党と日本維新の会が修正協議で合意しました。

今回の修正案では外国人労働者を受け入れるための新たな制度の見直し時期を「3年後」から「2年後」に短縮し、見直しの回数を増やすことで安全性を担保するとしています。

26日の記者会見で自民党の森山国会対策委員長は「日本維新の会との修正協議が整ったことは非常に良かった。法案の審議も積み上げてきたし、野党も衆議院法務委員会だけでなく衆議院本会議や予算委員会で多岐にわたって質疑しているので採決に向けた環境は整いつつあると理解している」と述べ、合意内容を評価すると同時に採決の意向を示しました。

衆議院での採決は早ければ明日にも行われる見通しで、野党からは法務省の改ざん資料問題などから法案の採決中止を強く求めています。

 

外国人材拡大法案 与党・維新が修正合意 見直し規定を短縮
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181126/k10011723791000.html

外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって、自民・公明両党と日本維新の会が修正協議を行い、新たな制度の運用を点検し、必要な措置をとるための見直し規定について、見直しの時期を「3年後」から「2年後」に短縮することなどで合意しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!