新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

艦載機用のステルス戦闘機F35Bを導入へ!政府が方針固める、「いずも」を改修して空母化も!

*F35B政府が艦載機用にステルス戦闘機「F35B」を導入する方向で方針を固めたことが分かりました。F35Bは航空自衛隊が運用しているステルス戦闘機F35Aの派生型で、垂直に着陸することが出来ます。同時に海上自衛隊が保有している大型艦「いずも」の甲板を改修し、F35Bを運用する予定です。
事実上の空母を日本が正式に保有する形になったと言え、これから追加で獲得するF35Bの機数にも注目が集まっています。

ただ、日本が空母を保有することについては賛否両論があり、「憲法の専守防衛の観点からも控えるべき」と指摘する声が野党側から浮上しているところです。

↓F35Bの離発着

 

35B導入 いずも“空母”化で最終調整
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181126-00000034-nnn-pol


政府は新たな防衛計画の大綱を来月とりまとめるにあたって、アメリカ軍の最新鋭ステルス戦闘機F35Bを導入する方針を固めた。同時に護衛艦をいわゆる「空母」に改修し、運用する方向で最終調整している。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!