新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

百田尚樹氏が敗訴、著書「殉愛」の名誉毀損裁判で!やしきたかじんさん関連で虚偽記載と判断!

やしきたかじんさんの闘病生活を描写した百田尚樹氏の著書「殉愛」に虚偽の記述があったとして、やしきさんの元マネージャーが提訴した裁判で、東京地方裁判所は百田尚樹氏と幻冬舎に対して275万円の賠償を命じました。

報道記事によると、28日の判決で東京地方裁判所の森田浩美裁判長は「男性に関する一部の記述は真実とは認められない」と指摘し、虚偽の記述があったとして百田尚樹氏の主張を退けたとのことです。
今回の判決について百田氏や幻冬舎は「主張が認められた部分はあるが、認められなかった部分については誠に遺憾だ。判決を精査して対応を検討したい」というようなコメントを出しています。

百田尚樹氏は何度も正しいと強調していましたが、それだけに敗訴となったことで批判の声が相次いでいました。

やしきさん関連本 出版元と作者に賠償命じる判決 東京地裁
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181128/k10011726991000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

4年前に亡くなったやしきたかじんさんの闘病生活を描いた本で、名誉を傷つけられたとして、やしきさんの元マネージャーが訴えた裁判で、東京地方裁判所は、出版元の幻冬舎と作者の百田尚樹氏に対し、合わせて275万円の賠償を命じました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!