ステルス戦闘機F35B導入、政府方針を与党が了承!改修後のいずもは「多用途運用護衛艦」

*F35
政府与党がステルス戦闘機F35Bの導入案を了承しました。F35Bは自衛隊が導入したステルス戦闘機F35Aに垂直離着陸機能を搭載した新機体で、空母や強襲揚陸艦のような大型の艦艇から飛び立つことを想定して設計された機体です。

12月5日に開かれた自民・公明両党の作業チームの会合では中国の海洋進出を念頭に、太平洋海域や島しょ部の防衛強化のために必要だとの意見が相次ぎ、この機体を導入する案が了承されることになりました。

同時に現在の航空自衛隊が運用している戦闘機F15についても、改修が難しい100機分の後継機をF35とする案で合意。F35Bと合わせて、F35シリーズの大量購入が決まった形です。
F35戦闘機はアメリカからのまとめ買いが安いとして、現在は国内生産よりもアメリカからの購入が有力視されています。

他にもF35Bを搭載するために改修計画が予定されている護衛艦「いずも」の名称を「多用途運用護衛艦」とすることも決まりました。海上自衛隊の「いずも型」護衛艦は改修作業によって事実上の空母となりますが、批判をかわすためにあえて「空母」との名称を避けたと報じられています。

 

最新鋭戦闘機 F35B導入の政府方針 自公が了承
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181205/k10011736141000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

新たな「防衛計画の大綱」に向けて、与党の作業チームは、島しょ防衛の強化のため短い滑走路で離着陸できる最新鋭戦闘機・F35Bを導入する政府の方針を了承しました。ただ、空母の役割を担う「多用途運用母艦」の導入については、引き続き協議することになりました。

いずもは「多用途運用護衛艦」 事実上の空母、批判回避
https://www.asahi.com/articles/ASLD54WMSLD5UTFK00T.html

 政府が年末に改定する「防衛計画の大綱(防衛大綱)」に関する与党のワーキングチーム(WT)は5日の会合で、海上自衛隊の「いずも型」護衛艦を改修する事実上の「空母」について、「多用途運用護衛艦」と呼ぶことで一致した。今後、この呼称を使う方向で政府・与党内で調整する。憲法上、「攻撃型空母」は保有できないとされていることから、批判をかわすのが狙いだ。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    投稿時間 12:34 ← 1234狙ったね。

    狙いどおり撃ち落とすために100機購入。
    予算1兆円。
    バカな政治家が政治をすると、バカ以上の狂気だ。

  • 匿名 より:

    ロシアのS400の性能に恐れをなし、F35導入を止めた台湾
    イスラエルのF35がシリアに導入されたロシア製ミサイル防空システムに撃ち落とされた
    しかし日本は自信を持ってF35を100機(1兆円相当)導入した。
    (米国関係者:廃棄処分しなくてよかったぜ。それにしても日本はバカだなあ!)

  • 匿名 より:

    ポンコツ(総理)がポンコツ(兵器)
    を購入。
    さすが。
    ポンコツはポンコツを知る。

    なお、ポンコツはG20でトラに
    「歴史的大勝おめでとう!」
    と的外れなお世辞を言い、米メディアから嘲笑された。
    NYタイムスなんか、ポンコツのことを
    “ トランプの熱烈(支持)な廷臣 ”
    とか呼んでら。
    植民地はつらいね。

  • らすく より:

    >2018年12月6日 1:38 PM
    スプートニクの記事のせいかサヨク界隈で台湾が購入を辞めたかのようになってますが
    実際は単に中国側に情報が漏れる事を懸念されアメリカに販売拒否されただけですよ。
    ttps://militarywatchmagazine.com/article/u-s-withholds-f-35b-stealth-fighters-from-taipei-fears-taiwan-s-armed-forces-are-compromised-by-chinese-agents
    そりゃまあ中露側にまだ第5世代戦闘機が無い以上、売ってもらえるようになるには早くても中国産第5世代ステルス戦闘機J-20がまともに運用されるようになってからではないでしょうかね。

  • 匿名 より:

    >『12月5日に開かれた自民・公明両党の作業チームの会合では中国の海洋進出を念頭に、太平洋海域や島しょ部の防衛強化のために必要だとの意見が相次ぎ』
    しかし、
    今年の10月は、
    >『安倍首相は「互いに協力のパートナーであり、互いに脅威とならない。この明確な原則を先ほどの首脳会談において、李総理と確認しました」』
    さらに、
    >『日本と中国で自由貿易を拡大することで合意し、他にも3兆円規模の日中スワップ協定の締結や東シナ海での衝突回避などで双方が協力する方向』
    もう矛盾だらけだな。
    そんな与党が、税金を投入して戦闘機を買い、消費税値上げ、さらには憲法を変えようとしているのか。

  • 匿名 より:

    らすくさま
    「お仕事」ご苦労さまです。でもあなたの言葉を、少なくとも私は全く信用しておりません。「櫻井ジャーナル」の記事は信用しております。日本政府も「トランプがうるさいし、どうせ税金だから」購入したのではないのでしょうか?あなたはあなたのお仕事を忠実にこなして下さい。ご苦労様でございます。

  • 匿名 より:

    匿名
    2018年12月6日 2:44 PM
    少なくともF35A(まあBもそうだけど)を「欠陥機」と決めつけているだけで馬鹿の証拠。現状F-22ラプターとまではいかなくともF35は西側では最強クラスの戦闘機であることは間違いなし。
    「日本政府も「トランプがうるさいし、どうせ税金だから」購入したのではないのでしょうか?」
    こんなコメントを軽々しくすること自体日本の国防というか防空を何も考えていないのは間違いなし。まさかまだ老朽化しているF-15やF-4Jを使おうってんじゃないでしょうね? またまさかヨーロッパからユーロファイターあたりを買うとかいうんですかね。
    少なくとも「らすく氏」の言い分の方が正しい。

  • 匿名 より:

    匿名
    2018年12月6日 2:44 PM
    皮肉を返すのが精いっぱいで、何の反証にもなっていないというww ただの負け惜しみ。アホ左翼www

  • らすく より:

    >2018年12月6日 2:44 PM
    別に僕の言葉を信用しないのは一向に構いませんが、それなら僕が提示した情報ソース以上に信用できるソースを出して反論した方が建設的というものではないでしょうか?
    櫻井ジャーナルというものについては知らなかったのですが、試しに検索していずもの記事をピックアップして見た感じ・・・キッコのブログみたいに詳しくない人でも指差して笑うレベルの頓珍漢さだと思います。
    未だにF-16とF-35でドッグファイトとか言ってる人いるけど、こういうサイトが原因なんですねぇ・・・

  • 匿名 より:

    >2018年12月6日 2:32 PM の方、
     
    あの人は中国とは不可侵条約を結ぼうともしないのかな?!
    「軍事力には軍事力で」みたいな態度だといつかは本気で戦争を始める事になるけど、そんな事を主張する人の頭の中は殺し合いの世界なのかな?!
    そして「「人間」「人間」と言うけど少し見方を変えれば殺し合いに勝ち残らなければこの世にいられない、他の生命体と同じ」と思っていたりして(「戦争」等の殺し合いを推奨する漫画やアニメの見過ぎかそんなゲームのやりすぎかも)?!

  • 匿名 より:

    名前なんか変えたって他の国の誰がどう見ても空母じゃん。バカか?

  • 匿名 より:

    今の権力者の恥も外聞も無い態度にはつくづく恐れ入る。

  • 匿名 より:

    >今の権力者の恥も外聞も無い態度にはつくづく恐れ入る。
    恥も外聞も何も、戦闘機を自前で調達できない日本ですから、アメリカから買うしかないでしょ。韓国から買えとでも? 買うなら最新鋭の戦闘機でないとダメでしょ。まさか性能の落ちる中古を買えとでも? もう少し考えてからコメントしましょう。

  • 匿名 より:

    >2018年12月8日 2:20 PM の方、

    アメリカ側の言い値で買う事自体が問題だ。性能がいい飛行機を安く売ってくれる国があるならそこから買うだけでもかなり節約になるんじゃないか(おたくみたいに「韓国」から買えとは言わないが)?!
    ・・・・・・ま、すぐに「韓国」を持ち出すおたくの頭には難しすぎたかな?!

  • 匿名 より:

    そういえば、だいぶ前にトランプ大統領がロッキード・マーチン社に「F35は価格が高すぎる。安くせぇ」と言ったとか言わないとか。もちろん日本もアメリカの「言い値」で買うほど阿呆ではないでしょうし、現状では最新鋭機のF35を格安でまとめ買いした方が一番費用対効果が高いんじゃないでしょうか。
    まあ確かに。老朽化したF-15のようなスクランブル運用にF35が適任か、と言われればよくわかりませんが。
    少なくとも、ヨーロッパから格落ちのタイフーンやグリペン、ラファールなどを買い付けるよりもF35の方がマシでしょう。それら旧式機では、東側陣営(古いな、俺も)のスホーイや中国のJ20には相手にならないでしょうし。
    どうでしょうか。

  • 匿名 より:

    別に誰も「格落ちとか旧式を買え」とは言っていない。

  • 匿名 より:

    >別に誰も「格落ちとか旧式を買え」とは言っていない。
    F-35に比べれば何だって旧式・格落ちだろ現時点では。アホかよ

  • 匿名 より:

    本当なら、アメリカが示すボッタクリ価格で買っていいとはならない。

  • コロ助平 より:

    匿名
    2018年12月9日 5:55 PM
    「F35戦闘機はアメリカからのまとめ買いが安いとして、現在は国内生産よりもアメリカからの購入が有力視されています。」と管理人が述べているだろ。
    じゃあさ、あんたはいくらが適正価格だと思っているのよ。まさか1円入札でなんて言うなよ(笑) 

  • コロ助平 より:

    古い記事ですが。
    「自衛隊向けF35戦闘機値下げ、日米が異例の価格交渉」
    [東京 1日 ロイター] – 防衛省が2017年度に発注する6機のF35戦闘機について、米国政府が日本側の値下げ要請に応じていたことが分かった。日本が米国政府と武器の価格交渉をするのは異例。防衛費の大幅増が見込めない中で、F35や新型輸送機オスプレイなど米国製の高額な武器調達が急増していることが背景にある。F35の製造元のロッキード・マーチン(LMT.N)は、トランプ米大統領の批判を受けてコスト削減を約束しており、日本の政府内では一段の価格低減を期待する声が出ている。日米の複数の関係者によると、防衛省は昨夏から年末にかけて米国防総省と複数回にわたって交渉した。米側から当初示された1機当たりの価格は157億円。これを最終的に146億円に引き下げた。整備部品のデータベース構築や技術者受け入れなどの関連経費も、423億円から309億円に下がった。

    米国製の武器の購入には、F35のように米国防総省を窓口にする「対外有償軍事援助(FMS)」と、米メーカーと直接取引をする2通りの方法がある。日本向けのF35の価格には機体、日本国内での最終組み立て、自衛隊仕様への変更などのコストが含まれるが、FMSは価格の内訳が示されないため、値下げ交渉をするのが困難だった。日本側はこれまで値下げ要請はしてきたが、日米関係者によると、両国が本格的に価格交渉をするのは異例だという。」

    調達価格が異様に高い、というのは日米ともに「承知の上」のようですし。ちゃんと「価格交渉」はしているようで安心ですね(笑) F-2支援戦闘機のようなドタバタはごめんですね。