新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【重要行事】天皇の継承儀式、行事詳細が決まる!4月30日午後5時から開始 祝賀パレードで使用する車はトヨタ 

*官邸
4月末に行われる皇位継承の行事について、政府の式典委員会で詳細な内容が決まりました。
具体的に決まったのは「退位礼正殿の儀」と「即位後朝見の儀」の参列者を三権の長や地方公共団体の代表など330人余りとして、新天皇陛下が誕生する5月1日には各府省庁で国旗を掲揚するとともに、地方公共団体、学校、企業などにも国旗掲揚を要請するという内容です。

また、新天皇の即位に合わせて実施されるパレード「祝賀御列の儀」で使用する車は、「トヨタ自動車」の「センチュリー」のオープンカーとすることが決定となりました。

憲政史上初めて行われる天皇陛下の退位の儀式「退位礼正殿の儀」は4月30日の17時00分から17時10分までの予定となっており、歴代天皇に伝わる剣や曲玉(まがたま)などを受け継ぐ「剣璽等承継(けんじとうしょうけい)の儀」は5月1日の午前10時半から予定されているところです。
いずれも皇居・宮殿の「松の間」で行われ、10分程度で終了すると報じられています。

他にも来月24日に行われる天皇陛下の在位30年の記念式典では、歌手の三浦大知さんが天皇陛下が作詞され皇后さまが作曲された歌を歌うことになりました。

天皇陛下が変わるということもあって、世界中の政財界から様々な要人も参加すると見られ、4月から5月は元号変更もあって日本中がドタバタすることになりそうです。

 

皇位継承儀式の次第概要決まる 政府の式典委員会
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190117/k10011780811000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

ことし春の皇位継承に向けて、政府の式典委員会は、国事行為として行う儀式の次第概要などを決定し、4月30日の天皇陛下の退位と、翌5月1日に新天皇が初めて国民の代表に会う儀式の参列者は、衆参両院の議長など三権の長や地方公共団体の代表など330人余りとなりました。また10月の祝賀パレードで使用する車は、「トヨタ自動車」の「センチュリー」とすることが決まりました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!