新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】東京都がインフルエンザ流行警報!先週の3.4倍に患者が激増、H1N1型が7割 


東京都内でインフルエンザの患者が急激に増えたことから、東京都は1月17日にインフルエンザの「流行警報」を発表しました。東京都によると、今月13日までの1週間で1つの医療機関当たり31.7人のインフルエンザ患者が確認され、先週の3.4倍に激増したとのことです。
東京都は対策の徹底や早めに医療機関を受診するように呼び掛けています。

今回のインフルエンザは患者の72%が前に流行した「H1N1型」で、早期に対応が出来れば直ぐに治すことが出来ると言われています。

◎インフルエンザ対策のポイント
こまめな手洗い
休養・栄養・水分補給
咳エチケット
適度な室内加湿・換気
予防接種(かかりつけ医と相談)

都内のインフルエンザ「流行警報」
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/01/17/20.html


都内のインフルエンザ患者報告数は、第2週(1月7日から1月13日まで)において急速に増加し「流行警報基準」【注1】を超えました。集団感染事例も多数報告されています。
インフルエンザの予防、拡大防止に、より一層注意するとともに、感染が疑われる場合には、早めに医療機関を受診し、体調管理にも十分に気をつけてください。
【注1】流行警報基準:感染症発生動向調査による定点報告において、30人/定点(週)を超えた保健所の管内人口の合計が、東京都の人口全体の30%を超えた場合としています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!