新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

米中が経済報復合戦に!トランプ米大統領「中国人留学生の受け入れを制限」⇒中国政府「米産大豆の購入停止」


中国が香港へのの「国家安全法」導入を決定した問題で、米中が対立を深めています。

アメリカのトランプ大統領は香港に干渉する行為だとして反対を表明し、香港に対する優遇措置の撤廃や中国人留学生の受け入れ制限を行うと明らかにしました。

中国側もアメリカの動くに反発して、国有企業にアメリカ産の大豆と豚肉の購入を停止するように要請。他にもアメリカ産のトウモロコシと綿花の購入も保留しており、アメリカが追加措置を実施した場合、停止範囲を広げるとしています。

既に昨年から米中貿易摩擦が激化していましたが、そこに新型コロナウイルスや香港問題が浮上したことで関係悪化に拍車が掛かった形です。
アメリカと中国の新冷戦時代に突入したと指摘する声もあるほどで、今後の世界情勢に大きな影響を与えることになるでしょう。

 

中国、米産大豆の購入停止へ 香港優遇撤廃に対抗―ロイター報道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060100982 

【北京時事】ロイター通信は1日、関係筋の話として、中国が国有企業に対し、米国産の大豆と豚肉の購入を停止するよう求めたと伝えた。中国による香港への国家安全法導入をめぐり、トランプ米大統領が香港に対する優遇措置の撤廃を表明したことへの対抗策としている。

中国、米国に報復を警告 香港の優遇措置撤回で
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060100982

【AFP=時事】(更新)中国政府は1日、同国が香港への「国家安全法」導入を決定した後、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が中国人留学生の受け入れを制限すると発表したことを受け、報復を警告した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!