新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

辺野古基地の建設、政府が軟弱地盤で設計変更へ!工期が遅れる見通しに!今度は手続き変更で沖縄県と衝突か


沖縄県の名護市辺野古で建設中の米軍基地を巡る問題で、埋め立て地域に軟弱地盤が発見されたことから、政府は地盤改良を行う方向で検討していると発表しました。地盤改良を行うためには設計変更の手続きを沖縄県に申請する必要があり、これを沖縄県が承認するか分かっていません。

岩屋防衛大臣は記者会見で「可能性としては軟弱な地盤がありうると考えている。調査結果が明らかになれば、どのような工法が最も適切か判断し、必要な手続きを適正に取る」と述べ、これから具体的な調査を行うとしています。

工期変更の手続きで沖縄県と衝突する可能性が高い上に、手続きが承認されたとしても追加の工事で時間が掛ることから辺野古基地の建設作業は予定よりも大幅に遅れそうです。

 

辺野古移設 軟弱地盤で設計変更を表明 工期に影響も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190122/k10011786591000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画をめぐり、岩屋防衛大臣は、まだ埋め立てに着手していない区域に軟弱地盤があると見られるとして、今後、沖縄県に対し、地盤改良を行う設計の変更を申請する考えを示しました。ただ、移設阻止を訴える沖縄県が変更を承認する見通しは立っておらず、工期に影響がでる事態も予想されます。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!