イギリス議会、EU離脱交渉の延期を可決!EU側の合意はなし 期限は3月29日 5月には欧州議会選挙も・・・

*イギリス議会
3月14日にイギリスの下院議会がEU(欧州連合)離脱交渉について、6月30日までの3カ月間延期を認める決議案を賛成多数で可決させました。この可決によってイギリスはEU側に交渉延期の申し入れを行うとしていますが、EU側の事前了承は無く、EU側が交渉延期を認めるかは不透明となっています。交渉延期に賛成は412票で、反対は202票でした。

イギリスのメイ首相は「3カ月以上の離脱延期は民主主義への信頼を損なう恐れがある」と警告していましたが、議会の反対によって離脱案が2度も否決されたことを受けて、止む無く交渉延期に路線を変更した形です。これ以上の遅れが生じると、5月末に行われる欧州議会選挙に参加する必要性も出てくることから、EUが交渉延期を拒否するパターンも十分にあり得る情勢となっています。

それだけに、イギリス議会は大荒れにになっている状態で、この交渉結果が世界情勢を変えることになりそうです。

 

ブレグジット延期をEUに要請へ 英下院が可決
https://www.bbc.com/japanese/47577575

英下院(定数650)は14日夜、欧州連合(EU)からの離脱を延期するかどうかを採決し、412対202の大差でこれを可決した。これにより、イギリスは3月29日にEUを離脱しない可能性が出てきた。
これを受けてテリーザ・メイ首相は、ブレグジット(イギリスのEU離脱)を通告するEU基本条約(リスボン条約)第50条の延長をEUに要請することになる。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    EU(欧州連合)離脱は理想論だけど、グローバル経済は国家を飲み込むシステムだから
    日本は積極的に飲み込まれ隊国家だけど。。。
    闘うイギリス・・・実はウラヤマシイ(心の声)

  • 匿名 より:

    EU離脱が理想ねえ。
    英国には失業者が多いから、反グローバル化したら余計に失業者が増える。
    その人たちへの社会保障だけでも、国家がパンクしかねないのでは?
    行き過ぎたグローバル化も問題だが、急すぎる反グローバル化もまた問題なのである。
    その場しのぎが一番困るんだよ、安倍ちゃん。

  • 匿名 より:

    こいつら見てたら日本の政治家のほうがマシに思えてくるな

  • 匿名 より:

    5月のEU議会選挙でEU各国の反移民勢力の獲得議席如何では
    英国とEUはギクシャクしないとみているよ。

  • 匿名 より:

    私はイギリスの国会の方がまともだと思う。
    この国の今の政権は時間稼ぎの答弁を行い、時間が過ぎる事を重視し議論を重ねようとはしないからね。特に重要法案の中身なんて結論が決まっていて変える気がないのだから…(最近だと入管法の改正)
    その点イギリスは議論を重ねて結論を出そうとしているのは評価すべきところ、日本が異常なだけなんだけどね

    今のEUに不満を持つ国は増加傾向にある。その発端となっているのがEU内での移民政策。イタリアでは五つ星運動より同盟が勢力を伸ばし、4月28日はスペインで選挙があり右派政党が勢いを伸ばすと予想されている。それとイギリスは脱グローバリズムに動いているように見えるが、TPPに関心を示していると前から報道されているのも注視すべきだろう