ヘッドライン

ゴーン元会長の妻キャロルさん、フランス政府に介入要請!「仏政府は夫のために行動を」

*妻
日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者の妻キャロルさんがフランス政府に介入を求めたことが分かりました。

これは復数のメディアが報道しており、「夫は十分な支援を得ておらず、助けを求めている」としてフランス政府にゴーン容疑者の安全を確保するように求めたとのことです。キャロルさんは資金流出先とされる企業の代表で、特捜部は参考人として任意聴取を要請していました。

キャロルさんは東京地検の任意聴取には応じる方針で、フランス政府に介入を要請しながら、日本の検察当局の捜査に応じることになると見られています。

 

任意聴取に応じるとゴーン容疑者の妻
https://this.kiji.is/487948489842656353

【パリ共同】日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者の妻キャロルさんは8日までに、フランスのラジオRTLのインタビューに応じ、東京地検の任意聴取に応じる用意があり、「日本へ戻る」と述べた。

「仏政府は行動を」 ゴーン元会長妻、介入を要請へ  ゴーン退場 自動車・機械 ヨーロッパ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43454380Y9A400C1000000/

【パリ=白石透冴】日産自動車元会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)の妻で、東京地検特捜部が検討していた任意聴取に応じずフランスに出国したキャロルさんが8日までに、仏政府に介入と支援を要請する考えを明らかにした。キャロルさんは「仏政府は夫のためにもっと行動すべきだ」と不満を表明した。


●以下、ネットの反応


●管理人コメント
この件は色々と複雑な感じになってきましたね。ただ、フランス政府と日本政府の間である程度の合意がされていると見られ、今の時点ではフランス政府が大きなアクションを取る気配はありません。
ゴーン容疑者はフランス政府から見捨てられた形になった可能性が高く、裏でどのようなやり取りがあったのか非常に気になるところです。

ちなみに、フランス人の反応を見てみると、特権階級で富裕層のカルロス・ゴーン氏が逮捕されたことを歓迎する声もあり、思っている以上に逮捕を歓迎している感じでした。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    ハイエナらしい

  • 匿名 より:

    日本に戻ってるよ
    取り調べが嫌なんでしよ
    セレブだからね

  • 匿名 より:

    アメポチ達のクズ過ぎる醜態

  • 匿名 より:

    日本は人権なんてないんだ
    くるな
    ボケ

  • 匿名 より:

    釈放されたかったら
    安倍皇帝に30億ほど送金しなさいね

  • 匿名 より:

    ゴーン様のおかげで
    再生したのに
    再生したらこれだものな
    サルどもは
    ・・・

  • 匿名 より:

    >キャロルさんは東京地検の任意聴取には応じる方針で、フランス政府に介入を要請しながら、日本の検察当局の捜査に応じることになると見られています

    ↑↑
    任意の事情聴取に応じるなら、パスポートを預けておいて別のパスポートで逃亡しねぇだろ⁉️

  • 匿名 より:

    7日に行なわれた県議選の鹿児島市の開票で、票数が投票者数を上回るトラブルがありました。原因は分かっていません。

  • 匿名 より:

    さて、真実はどこにありますかね。安倍、麻生、佐川、山口等、犯罪者が逮捕されない国ですからね。裏に何かあっても不思議じゃないでしょ。ゴーンは負けるのでしょうか?

  • 匿名 より:

    ゴーン氏がビデオ会見で何を話すか?ですね。
    検察による人権無視の取り調べについて暴いてほしいですが、日産西川の責任追及でしょうねえ。

  • 匿名 より:

    ゴーン夫人が出国の際にはフランス大使が出発便の機内まで付き添い、離陸するまで見ていたとフランス紙には書かれている。
    これは異例中の異例で、領事特権の行使ということだろう。
    そこまで本人もフランス政府も警戒しているのに、もし夫人が日本に来るとしたら、フランス政府の外交保護権の基に保護され、聴取は受けるが決して拘束はさせないということでしょう。
    ゴーン氏についても、ルドリアン外相は河野外相に対して推定無罪を尊重しろと申し入れしている(これは日本の報道では省かれている)から、もし夫人が来日するとしたら、ゴーン氏の保釈要求とセットではないかと思う。
    推定無罪は国際人権規約に定められており日本国憲法にも書かれているんだが、日本国民の頭の中は大日本帝国憲法なんだろう。

  • 匿名 より:

    この鉄面皮の妻ありて、あのドロボー猫の亭主あって自身が出国した理由を「怖かったから」等と見苦しい言い訳。自らに恥じることがなければ、同じ東京の空の下で夫カルロスを見守り応援すりゃいいだけの話だろうに

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next