新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

天皇皇后両陛下、伊勢神宮の外宮に参拝 退位の儀式 最後の地方訪問に物凄い人集りも!三種の神器と移動


天皇皇后両陛下が最後の地方訪問を行い、退位に関する儀式も最終段階に突入しました。
最後の訪問先は三重県の伊勢神宮となり、皇位継承の象徴とされる三種の神器の剣と曲玉(まがたま)が5年ぶりに皇居から持ち出され、17日に宿泊先の伊勢市に到着。駅の周囲には大勢の人たちが詰め掛け、近くの沿道には両陛下の姿を一目見ようと多くの人が並んでいました。

今日は儀式として伊勢神宮の外宮と内宮を参拝しており、東京に戻った後も退位関連の儀式が控えています。

 

両陛下 伊勢神宮 外宮に参拝 退位の儀式
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190418/k10011887901000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

三重県を訪問している天皇皇后両陛下は、18日午前天皇陛下の退位に関する儀式として、伊勢神宮の外宮の参拝に臨まれています。
17日から三重県を訪問している両陛下は18日午前10時すぎ、宿泊先の行在所がある伊勢神宮の内宮を出発し、それぞれ別の車で外宮に向かわれました。


●管理人コメント
遂に最後の地方訪問となりましたね。伊勢神宮というのは天皇家の行事と深い関係がある場所で、過去にも何度か重要なイベントがある度に天皇陛下らが報告しています。
今回は三種の神器も持ち込んでいるわけで、一般的な地方訪問とは異なる意味合いがあることが分かると言えるでしょう。

もう平成も残り2週間ほどで終わりとなります。来月から新元号・令和も始まるわけで、本当に感慨深いです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!