ヘッドライン

衆院補選の自民党2連敗、野党の跳躍にはつながらない現実 このままだと参議院選挙は野党敗北の恐れ


沖縄3区と大阪12区の衆議院補欠選挙で自民党が2連敗となりましたが、この結果は野党勢力の跳躍を示すものではないです。

開票結果を見てみると、野党が結集して1VS1の構図に持ち込んだ沖縄戦でも自民党に残り2万票近くまで追いつかれていました。オール沖縄の屋良朝博氏が7万7156票で、自民党の島尻安伊子氏は5万9428票。
大阪に至っては維新の半分にも満たなかったわけで、票の内訳を見ると、必ずしも立憲民主党や国民民主党のような野党に票が集まっているわけではありませんでした。

それどころか地方統一選挙では「NHKから国民を守る党」や「幸福実現党」の候補者が10人単位で当選しており、場所によっては最大野党の立憲民主党よりも多くの票を獲得しています。この結果から分かることは国民の既存政党への不信感が根強いということで、今の野党も自民党と同じように既存政党の枠組みで不信感の対象になっているということです。

ここに低投票率が続いている答えがあると見られ、分裂や中途半端な野党共闘に有権者が呆れて、野党からドンドン離れているのが現状だと思われます。このような結果や数字を冷静に見ると、自民党の2連敗がそのまま野党の跳躍に繋がる保証がないことが見えてくるはずです。

今のままだと野党は前回の総選挙と同じように、組織票が強い自民党の拡大を許すことになるでしょう。既存政党への不信感が高いからこそ、強い組織票を持っている自民党が勝ってしまうのです。
野党の方たちはこの現状に危機感を持つべきであり、自民党の2連敗に浮かれているようでは次も敗北することになります。

 

参照:地方統一選挙 開票速報
https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/touitsu/2019/

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    国民は斬新な指導力ある政党を望んでいます。
    国民に痛みをもたらすことばかり考える現政権は
    もう、見放すしかなく、それに代わるのは小沢さんだろう。

  • 匿名 より:

    立憲は何の動きもないからね・・・このままだと無理
    とりあえずでも減税を第一に上げるぐらいじゃないと誰も注目しないまま終わりそう
    大逆転唯一の可能性は山本太郎と共闘して、消費税廃止
    逆転した後に起きる経済崩壊はすべて安倍のせいにする(事実)
    ぐらいのふてぶてしさがないと生き残れないよね

  • 名無し より:

    所詮は民珍党だったという事を改めて印象付けてくれた一見民珍党に期待してる奴なんぞ、もはや基地害信者くらいしかおらんだろ。

  • 匿名 より:

    消費増税延期、国民に信を問う衆院解散。
    衆参同時選挙で自民党圧勝が目の前にちらついてきた。
    憲法改正も目前。
    もう政治の事は見るのを止めよう。
    考えるのも止めよう。

  • ロハスな人 より:

     最近話題になった米軍側(海兵隊)の資料を詳細に検討すると、『辺野古移設計画は凍結』され、『普天間基地は2028年まで継続使用』となることが推察されます。
     今回の選挙で『北方領土が読めない(地方のことを真剣に考えていなかった?)』島尻元沖縄北方相を候補にしたこと、『米軍が凍結している辺野古を争点』にしたことなどから、候補者選びや選挙の争点に関して自民党本部は衆議院補選に於いて沖縄のことなど配慮していない?と思われる言動です。
     今回はどう見ても自民党本部は『負けることを想定』しての選挙だったと思われますが、その状況で『負けて当然の候補の島尻氏にかなりの追い上げを喰らった』ことは野党連合にとって大きな反省点のはずです。
     山田さんや 2019年4月22日 12:03 PM さんコメのように統一選挙前半戦での反省を生かせなかったことをしっかりと踏まえ、『消費税凍結』ではなく、山本太郎氏提唱の『消費税5%減税から、最終的には消費税廃止』で野党がまとまるくらいのことは必要です。
     国民民主党もですが、立憲民主党、特に枝野氏の大奮起を求めます。

  • ぼんきゅっぼーん より:

    その分析は当たっていますね。
    世論調査では例えば政党支持率。
    立憲民主党の政党支持率が4%ほどであっても、
    この調査では「支持政党なし」が選択できる。

    ところが「参院選は何党に入れますか?」は白紙は基本ないわけだから、
    全政党で政党支持率から最も大きな乖離があったのは立憲民主党で16%

    つまり仕方なく自民党ではなく、自民党以外に入れたい人が「仕方なく立憲民主党」というのが答えだった。

    実は政治は「どの党に?」ではなく
    「自民党の何派に?」が重要になっていると思う。
    正直言って責任政党は自民党しかないのが現状なので。

  • 匿名 より:

    まあ、今後の政治がどうなるか分からないが、派遣法のとき、派遣法に賛成して自らも派遣社員になるか、派遣法に反対して自分も派遣社員にならいようにするか、あの時のような時代になってる気はするんだよな。
    消費税増税や、安倍政権の「雇用の自由化」(つまりリストラが進んで、低賃金労働者が増える、金が国内にまわらなくなる)で今後、不況の可能性もあると思ってるが。
    とにかく、政治、政策の問題点を考えつつ、自分の生活の先を考えることが必要になってるんだろうな、と思うね。

  • 匿名 より:

    立民は地方組織や女性候補者を地道に育て、今よりは3年後くらいを視野に入れてるんだろうけど、それでいいのか?
    真面目で誠実なのはいいんだけど、がむしゃらな貪欲さが足りないんだよな。

  • 匿名 より:

    次の3年後だと手遅れだと思うが
    今回で少なくとも自公独裁は止めないと次の足がかりにすらならない

  • 匿名 より:

    日銀緩和マネーは、あと1年程度しか使えん。
    あと1年もすれば完全雇用に近づく。
    そうするとインフレ懸念が高くなり、「人への投資」もそう簡単に大盤振る舞いできなくなる。
    だから積極的なバラマキ路線は、今しか出来ないんだよね。
    その後のインフレ率によっては、消費税引き下げも可能かもしれないが、かじ取りが難しくなる。
    逆にいうと、カルト政権が意図的にハイパーインフレを引き起こすのも可能だ。この状況での改憲は絶対に避けなくてはいけない。金がゴミと化す。
    山本太郎の新党立ち上げには、そういった危機意識もあると思う。野党が積極的な経済政策でまとまれないと、正直厳しい。

  • 匿名 より:

    そりゃそうだ。
    維新以外の野党、もといシナ朝鮮の手先たる売国奴に入れるのは非国民しかいないのだから、自民党や維新も嫌ならば選挙に行かないっていうことになるわな(笑)

    で、知恵遅れなバカパヨがムサシフセイセンキョダーとファビョるというね(笑)
    大阪補選に出た宮本ですらFacebookで否定しているというのにな(笑)

  • 匿名 より:

    匿名
    2019年4月22日 5:21 PM
    それで? ひとりでファビョって気がすんだ?

  • 匿名 より:

    シナ朝鮮の手先たる売国奴、とか非国民とか、いつの時代の話してるんだ?
    爺さんもう戦争は日本が負けて終わたんだよ。

  • 匿名 より:

    安部政権こそアメリカ様には逆らいません、の売国奴だろ。

  • 匿名 より:

    山本太郎にすがるようじゃ、特定野党はもう終わりだな。
    特定野党が一掃されんと、まともな政党は育たんから、特定野党ははやく壊滅したほうがいい。

  • 匿名 より:

    5:21 PM
    朝鮮カルト宗教か、もしくはシャブ中毒で頭がイカれてるようだな。例の余命3年の件で弁護士を脅迫したキチガイに通じるオツムの弱い奴が書いた幼稚な文章そのものだ

  • 匿名 より:

    >>12:53AM
    野党なのに自民に媚びへつらう「特定野党」維新をディスってるんですか?

  • 匿名 より:

    立憲民主,国民民主,自由,社民・・・政府・自民の敵失でしか存在感が無い。
    地方議員選挙の「連合の推薦」は,ポスター貼りの共同分担くらいしかゴリヤクはない。
    -報道が偏っているから-は,とっくに前提条件になっていないといけないこと。
    .
    野党第一党(らしい)の立憲民主が,「消費税を5%に!」などを打ち出して,「この指とまれ」で,野党連携を図るくらいできないのか??(できたとしても苦しいのだが)
    .
    このくにが崩壊していくのを目撃することになるとは,第2次アベ政権ができるまではユメユメ思わなかった。

  • 匿名 より:

    前回と比べ自民が50.5→50.9、民主11.6→立民5.2+国民3.6、維新1.2→0.7、公明7.4→7.3、共産党4.9→4.3、社民1.4→0.7、無所属20.3→23.5。
    無所属の増加と野党勢の減少が目立つ。
    野党勢の主張と無所属の主張では乖離が多いあたり野党勢の国民離れが顕著に現れているという事か。
     
    ttps://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_election-local20190408j-05-w480
    【図解・政治】統一選2019・道府県議選での政党別議席比率(2019年4月):時事ドットコム

  • 匿名 より:

    戦中マインドに侵されてラリってる人がいますね。そんなに他国とヤりたいのなら、竹島でもなんでもいいから、パンツ一丁で海から殴り込みかけたらいかがでしょう。

  • 匿名 より:

    やる気ない枝野が悪い
    野党第一党党首で満足してる
    反安倍で山本太郎を担ぐくらいしないと投票率上がらないだろうな

  • 匿名 より:

    国民に見透かされている。もう反安倍だけでは勝てない。
    アベノミクスに代わる具体的な経済政策を掲げなければ無理だ。

  • 匿名 より:

    >2019年4月23日 7:53 PM
    >反安倍で山本太郎を担ぐくらいしないと投票率上がらないだろうな
    >2019年4月23日 8:19 PM
    アベノミクスに代わる具体的な経済政策を掲げなければ無理だ。

     
    前者と後者どちらも頭が悪いが、
    後者はアベノミクスなんて名付けられているものが如何にオーソドックスな経済政策か知らないのだろうかという点。代わるもなにも当たり前の経済政策を当たり前のようにやってるだけ。それを当たり前のように出来ないのが日本の官僚政治。
    前者の頭の悪さは名状し難いくらい酷くて何も言えない。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next