新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

経済産業省の課長補佐を逮捕!国際郵便で覚せい剤、麻薬特例法違反の疑い 「中に入っているとは知らなかった」


経済産業省の若手のキャリア官僚が麻薬特例法違反の疑いで逮捕されました。
報道記事によると、逮捕されたのは製造産業局自動車課の課長補佐・西田哲也容疑者(28)で、国際郵便でアメリカから到着した不審な荷物があり、税関で調べたところ粉末が入った袋が発見され、覚醒剤22.1グラム(130万円相当)を密輸したとして逮捕されたとのことです。

西田容疑者は「郵便物を受け取ったのは間違いないが、覚醒剤が中に入っているとは知らなかった」などと供述しており、覚せい剤とは認識していなかったとコメントしています。関係者の逮捕を受けて経済産業省は「厳正な対処を行う」として、これから省内の引き締めを強化するとしていました。

ただ、現時点では本人が自分の意思で覚せい剤を購入したのか、海外から意図的に送り付けられたのかはまだ分かっていないところです。西田容疑者の発言だと事実関係が分かり難く、続報に注意したい事件だと言えます。

 

経済産業省 課長補佐を逮捕 国際郵便で覚醒剤密輸か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190429/k10011900561000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004


経済産業省の28歳の課長補佐が、覚醒剤およそ20グラムを国際郵便で密輸したとして逮捕されました。警視庁は自分で使用するためだったとみて調べています。
逮捕されたのは、経済産業省のいわゆるキャリア官僚で製造産業局自動車課の課長補佐西田哲也容疑者(28)です。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!