新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【悲報】健康保険組合の保険料が5万円増、2022年に1人あたり年間55万円へ!団塊の世代が一気に高齢化 


大企業の会社員がメインとなっている健康保険組合の保険料が、3年後に跳ね上がることが分かりました。

NHKの報道記事によると、3年後の2022年にいわゆる「団塊の世代」が75歳以上の後期高齢者に突入し、高齢者医療費の負担金が約5000億円増加するとのことです。
そのため、医療負担の増大からこのままだと、1人当たりの年間の平均保険料が今年度より5万円余り増えて、およそ55万円に上ると予想されています。

既に現在の保険料でも負担増大から庶民の暮らしに悪影響が出ているため、これ以上の大幅な値上げは国内の経済活動全体にも大きなダメージを与えることになりそうです。

健保連は「今後も、保険料の引き上げは避けられないが、現役世代が、過重な負担とならないよう後期高齢者の窓口負担の引き上げなどを検討すべきだ」とコメントしており、値上げと同時に窓口負担などを見直すべきだと提言していました。

どちらにしても、保険料の増大か医療費の負担アップは確定的に実施されそうです。

 

健康保険組合の保険料 3年後には年間55万円に増額 高齢化で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190429/k10011900491000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001


大企業の会社員らが加入する健康保険組合の保険料は、高齢化のさらなる進展で、3年後の2022年度には、1人当たりの年間の平均で、今年度より5万円余り増えて、およそ55万円に上る見通しです。

全国およそ1400の健康保険組合で作る健保連=健康保険組合連合会によりますと、組合全体の財政は、高齢者の医療費を賄うための負担金の増加で圧迫され、今年度は986億円の赤字となる見通しです。

●以下、ネットの反応

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!