新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

天皇陛下、最後のおことば 「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に心から感謝します」 


4月30日夕方に天皇陛下の退位の儀式「退位礼正殿の儀」が終わり、国民に向けて天皇陛下として最後の言葉を述べました。

儀式の中で天皇陛下は「即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と発言し、改めて国民への感謝の気持ちを表明。
次の時代について、「新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」とも触れて、日本と世界の幸せを祈るとしていました。

今夜0時で元号は全て「令和」に変わり、天皇陛下は日付が変わると同時に皇位を退き、上皇となられます。

 

天皇陛下 最後のおことば 全文
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190430/k10011901961000.html

今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。
ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。
即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。
明日(あす)から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。


情報速報ドットコムの最新記事が届きます!