ヘッドライン

イギリスのメイ首相が6月7日に辞任へ 次期首相は7月末までに 「愛する国に仕えたのは生涯の光栄でした」


5月24日にイギリスのテリーザ・メイ首相が6月7日に辞任すると発表しました。

メイ首相は先週に野党の要求を飲んで、最後の切り札として2度目の国民投票を提案するとしましたが、殆どの政党が反対の姿勢を示したことで断念。EU離脱案をまとめることが出来なかったとして、その責任を取るために辞任すると表明しました。
演説の中でメイ首相は「愛する国に仕えたのは生涯の光栄でした」と涙を浮かべながら語り、EU離脱交渉について「できることは全てやった」とした上で、次期首相に期待するとしています。

当初の予定では3月29日にイギリスはEUを離脱する予定でしたが、離脱協定案をイギリス議会が3度も拒否したことで交渉は難航し、今も離脱案がまとまっていません。EU離脱を決められないことで与党・保守党の支持率は激減している状態で、政権交代も秒読みの段階に突入しています。
ヨーロッパ側からもイギリスの混迷に激怒して強硬論が飛び交っており、メイ首相が辞任した後の交渉がどうなるのかは依然として不透明なままです。

 

英首相、6月7日に与党党首辞任へ 次期首相は7月末までに就任
https://www.bbc.com/japanese/48394717

イギリスのテリーザ・メイ首相は24日、6月7日に与党・保守党の党首を辞任すると表明した。6月7日に保守党党首を辞任し、その後の党首選考で後任が決まるまで、首相の職に留まる意向という。次期首相は保守党の党内手続きを経て、7月末までに決まる見通し。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    最後に泣いたのが気に食わない。
    泣いたからこそ言うんだが、結果の残せない無能だった。
    もっと早く辞めればまだマシだったな。

  • 匿名 より:

    数百年前に産業革命がおきて、世界中を植民地化していった大本の国が、大量の奴隷(移民)をいれて今頃大騒ぎ、笑える、東朝鮮を見習わないと・・・

  • 匿名 より:

    移民に焦点が当たりがちだけど、経済の落ち込みが根本だよね。
    EU財政ルールによって、各国の落ち込み具合を考慮せず、財政規律を守れと迫られるから、反発が起きるのは当然だと思うんだよ。
    イギリスも緊縮財政のせいで、保育園が何か所もつぶされて、社会保障も削られた。
    残留するならルールを変えないと駄目だろう。

  • 匿名 より:

    いや、この世界は一体誰にコントロールされているのだろうかと思わずにはいられない程の世界経済、人類の移動全てが混乱へと向かっているように思えてならない。
    人類の理性が試されているのか・・・(-_-)zzz

  • 匿名 より:

    ドイツが難民を無制限に受け入れるって言ってからじゃん。ドイツだけ経済絶好調だし、ドイツがまた戦争の中心になるんじゃね?
    戦争への道は人道主義で舗装されてる、のマンマや。

  • 匿名 より:

    2019年5月25日 10:30 PM
     
    結局慌ただしく動いたのは昨年末位から
    それまで貴女は一体何してたんだって話
    言い方はキツイが⬆と人と同じ心証です

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next