新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

時給405円で実習生に労働、女性社長を逮捕!専門家「労基法違反は極めて珍しい」⇒ネット「もっと捕まえるべき」


岐阜市で婦人服製造業の女性社長が最低賃金法違反と労働基準法違反の疑いで逮捕されました。

報道記事によると、この女性社長は2018年1月から7月にかけて、中国人技能実習生3人を時給405円で酷使し、岐阜県の最低賃金800円(当時)を下回る金額しか支払っていなかったとのことです。
岐阜労基署は2018年9月に是正勧告を出していましたが、女性社長の方は虚偽の報告を行って、最低賃金法違反の事実を隠していました。

労基法違反で逮捕されるのは非常に珍しく、日本全体だと年間数件程度となっています。専門家もメディアの取材で、「今回のケースで逮捕に至ったのは、虚偽報告をしていること、ほかの期間も賃金不払いの可能性があることから、証拠隠滅の恐れがあると判断されたのではないでしょうか。それだけ悪質で、逮捕の必要性が強い事案ではないかと思います」とコメントしているほどで、ネット上でも話題のニューストップに浮上していました。

ネットの反応を見てみると、最低賃金法違反や労働基準法違反での逮捕が少ないことに驚きの声が多く、「最低賃金を守らない会社は全員逮捕しろ」「今まで放置とか野蛮すぎる」などと批判が殺到。
労働基準法を無視している会社にもっと強い罰則を適応するように求める意見が相次いでいました。

 

時給405円で実習生働かせた社長を「逮捕」…指宿弁護士「労基署の強い意志感じる」
http://news.livedoor.com/article/detail/16539064/

中国人技能実習生を最低賃金未満で働かせていたとして、岐阜市で婦人服製造業を営む女性社長が5月下旬、最低賃金法違反と労働基準法違反の疑いで、岐阜労働基準監督署に逮捕された。
岐阜労基署によると、女性社長は2018年1月から7月にかけて、中国人技能実習生3人に対して、岐阜県の当時の最低賃金(時給800円)を下回る給料(時給405円)しか支払わなかった疑いなどが持たれている。


●以下、ネットの反応

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!