新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

麻生大臣の問責は否決、内閣不信任案は?26日の提出を自民がけん制!「野党の火遊びが過ぎると解散」


6月21日の参議院で麻生太郎金融担当大臣への問責決議案が否決されました。野党は金融庁の年金報告書を受け取らなかった麻生氏の対応を不誠実だと批判していましたが、最後まで与党側は「金融庁の問題で政府のスタンスとも違う」と強調。
あくまでも金融庁や官僚が悪いとして、麻生氏の責任は無いとしていました。

今後の国会は野党が内閣不信任案を提出するかどうかに注目が集まっており、仮に野党が内閣不信任案を提出した場合、そのまま衆議院解散となる可能性もありそうです。国会の最終日である6月26日にはフランスのマクロン大統領との首脳会談が控えているだけに、自民党からは「野党の火遊びが過ぎると安倍総理は解散しかねない」というような声も飛び出ています。
内閣不信任案の提出が衆参同日選挙の口実となる恐れもあることから、まだ情勢がどうなるかは不透明だと言えるでしょう。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!