新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【警戒】千島列島のライコケ島で今年最大規模の噴火!噴煙は1万3000メートル、一部路線でルート変更!日本と北米など


千島列島のライコケ島で大規模な噴火があり、周辺の空域を飛行する航空機にも影響が出ています。

気象庁によると、6月22日3時頃に千島列島のライコケ島で大規模な噴火が発生し、噴煙が火口の上空1万3000メートル付近まで上昇したとのことです。この噴煙は風によって、千島列島の東側に広がっており、宇宙からも白い煙が確認できるほどの規模になっています。

火山灰の中を航空機が飛ぶとジェットエンジンが吸い込んで停止したり、機体が損傷する恐れがあるため、気象庁は周辺空域の飛行を避けるように注意を呼び掛けているところです。

北米と日本などを結ぶ航空路で噴火が起きたことから、日本で発着する便を含めて37便に影響が出ています。一部の路線では臨時のルート変更を行っていますが、今の時点で飛行停止のような大きな変更は無いです。

 

千島列島で噴火 噴煙高さ1万m以上に 旅客機はルート変更も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190622/k10011965041000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001


気象庁によりますと、千島列島の火山で22日午前噴火が発生し、噴煙が1万メートル以上の高さに達しています。気象庁は、航空路火山灰情報を出して周辺を飛行する航空機に注意を呼びかけています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!