ヘッドライン

元祖車いす国会議員の八代英太氏が山本太郎氏らにエール!「僕がやり切れなかったことを彼らがやってくれれば」

*八代氏
国会のバリアフリー化に貢献した元祖車いす議員として有名な元郵政相の八代英太氏(82)が山本太郎氏のれいわ新選組にエールを送りました。

参議院選挙後の7月26日に八代氏は都内でJ-CASTニュースの取材に応じて、「当事者というのは一番わかっている。どうしたらいいのかというのは自分の生活の中で、いやというほど体験していますからね。彼らによって国会で議論される。政府を『ほったらかしにできるか』というところまで追い込めることもできるでしょうし」と述べ、れいわ新選組の舩後靖彦氏と木村英子氏の当選に歓迎しているとコメント。

障害者のバリアフリー問題は当事者が一番分かっているとして、「ぼくがやり切れなかったことを、彼らが第2期としてやってくれれば。来年はオリパラの年でもあるし、世界から障害持った人もたくさん来る。国会議事堂でもみんなに見学してもらって、日本の国会議事堂はバリアフリー化されていることを大いに宣伝してくれればいい」とも言及していました。

また、山本太郎氏には「山本太郎君に言いたいのは、彼(舩後氏)が国会活動で支障をきたさないように、万全を期してスタッフを用意しろと。これは国がやることじゃない。人間のサポートほど強いものはないから。発言のやり方や議事録などそういうようなことも含めて、それはスタッフの仕事ですよ。万全を期して彼専従のスタッフを育ててればいい。政党の責任としてね」などとメッセージを送っており、船後氏らのスタッフ体制は万全にするようにアドバイスしています。

ネット上では一部から舩後靖彦氏や木村英子氏の当選を批判する意見もありますが、八代氏のように障害を経験した当事者からは応援の声が相次いでいました。

 

元祖車いす議員・八代英太氏が語る、重度障害者が国会に行く「意義」
https://www.j-cast.com/2019/07/26363679.html?p=all

以前まで、障害者が就ける職業は限られていたことを踏まえ、「いまの世の中はいろんな人がいて、多様化している社会。とにかく基本は、歩ける人と歩けない人しかいない。歩ける人に便利な社会は歩けなくなると不便だけども、歩けない人にスポットを当てて社会をつくっていくと歩ける人に不便がない」と訴え、次のように語りかけた。

「誰一人として自分で障害を持ちたいと思った人はいないのよ。舩後さんだってそう、木村さんだってそう。産んだお父さんお母さんも障害を持った子どもを産みたいなんて思った人は誰もいない。『おれは障害者にならない』と思ったって、ぼくのように途中でなる人だっていっぱいいるわけ。そうはいっても健康で最後までいったって高齢化時代になると、足腰が弱ってくる、耳が遠くなる、目がしょぼしょぼしてくる。認知症とかいろんなことが出てくる。そうなると、『健康なときは短い時なんだ』、というぐらいの意識を持った方がいい。やがてはみんなすべて、そういう『障害』を持つんだから。そして一生を終えるんだから」
(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    改革の第一歩だな

  • もこり より:

    お二人の当選(障害者の政治参加)へ批判が各所に表明されるという現実が、障害者への差別偏見の現状況。
    だけど、当事者が声を上げれば現実は変わることを示したことも事実。
    きっと未来は明るい。

  • 匿名 より:

    記事中、八代氏の一部の発言にはガッカリしたし賛成できない。

    >彼(舩後氏)が国会活動で支障をきたさないように、万全を期してスタッフを用意しろと。これは国がやることじゃない。

    日本で一番福祉・障害者支援が遅れている場所が国会。

    れいわは積極的にサポートするに決まってる。

    それよりも、国会が国の最高機関であるなら、まず国会が障害者支援の範を示せと思う。

    パラリンピックで世界中から障害者を招くなら、尚の事覚悟を示せと思う。

  • 匿名 より:

    八代英太って、どんな人間だったっけ?と思ったので、Wikiで見てみた。
    >
    1977年7月10日 第11回参議院選挙全国区に無所属で出馬し84万票を獲得して初当選。田英夫、横路孝弘らと共にMPD・平和と民主運動の呼びかけ人になった。
    障害者世界組織の結成、アジア太平洋議長となる。
    1983年
    全国区が比例区に改められると、無所属候補は比例区からは立候補できなくなったため、八代は福祉党を結成、自ら代表となった。
    6月26日 第13回参議院議員通常選挙では福祉党の名簿1位で再選。
    1984年 自由民主党に移籍。八代自身が結成した福祉党を自ら解党したこと、政党名で選ぶという比例代表制の趣旨と政党移籍の是非が問題となり、物議を醸した(比例区当選者の政党移籍制限が法制化されたのは2000年)。
    .
    その後、太田昭宏を出すために八代は冷遇され落選、紆余曲折を経たのちに鈴木宗男の「新党大地」から出馬するも、結局議員に復活できず。

    夫婦別姓に反対。
    崇高真光の信徒。
    崇高真光は日本会議を構成するカルト系宗教。

    「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」に所属。
    同会は、日本の自由民主党内で結成された議員連盟。
    1997年(平成9年)設立。

    概要
    会長は古屋圭司。
    自民党の議員が多く所属しており、前身である日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会では
    安倍晋三が事務局長を務め、
    中川昭一、衛藤晟一、松岡利勝、高市早苗、森田健作、山本一太、中山泰秀などが会員だった。

    歴史教科書、慰安婦、南京事件問題に関し否定的な立場から提言を行っている。
    現在では主に第二次世界大戦末期の沖縄戦における集団自決について議論を行っている。
    同会では自決について「旧日本軍の組織的な強制・強要はまったくの事実無根」との立場をとっており、2007年(平成19年)10月17日、会内に「沖縄戦検証のための小委員会」を新たに設置した
    (引用終わり)

    およそ福祉とは対極のバリバリのウヨちんで、障害を隠れ蓑に見苦しく議員の椅子にしがみついていたんじゃん(°_°)
    だから舩後さんと木村さんの障害サポートスタッフは自前で用意しろ、なんて発言がフツーに飛び出すんだね。
    アナウンサーの知名度と、事故で障害を負ったことへの同情を集めて議員やってたけど、あんたは過去の人。
    もう引っ込んでいてくれ。

  • 匿名 より:

    オリンピックパラリンピックを国民の反対を押し切って裏金献上・税金大枚投入し推し進めてきた自民党とその支援者。  本心はどれだけ障害者の方に理解があるか、しっかり見ようか。誰でも車いす生活になる可能性があるからね。

  • 匿名 より:

    >2019年7月28日 10:21 AM
    自民に関わるとクズに成り下がるという顕著な凡例ですね。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next