新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【驚愕】フリーランスに事実上の増税、売上1000万以下でも消費税納付の対象に!?中小に大打撃!インボイスが波紋


消費増税とセットで導入が検討されているインボイス(invoice)制度への懸念が広がっています。

インボイスとはモノの売り手の事業者が買い手の事業者に対し、消費税の適用税率や税額を伝えるために発行する請求書(朝日新聞参照)のことで、政府は2019年秋から導入される軽減税率に合わせて、「複数税率」を理由にしてインボイスの実施を準備中です。
先の参議院選挙ではあまり注目度が高くありませんでしたが、現在の政府案のままだと、日本中の小規模事業者に壊滅的な打撃を与える恐れがあります。

問題となっているのは、現時点で免税扱いとなっている「売上1000万円以下」の小規模事業者も課税対象になる可能性がある部分です。
これはいわゆるフリーランスなども全て対象となる新制度であり、消費税の免税業者は「課税業者になるか」、「取引をあきらめるか」、「消費税分を値引きするか」の3択を迫られることになります。

しかも、消費税10%と軽減税率8%が混在することから、事業者は課税でも免税でも、全て税率毎に売り上げを区分したレシート(領収書)の発行を求められるのです。消費税10%の納税を要求される上に、業務面でも作業量で圧迫される形になることから、日本中の事業者に大きな影響が出るだろうと言われています。
更に追加すると、消費税は赤字でも納税が求められるため、業種によってはそのまま破産を選択するしか無いパターンもあり得るのです。

ツイッターではインボイス制度に反対する旨のツイートが1万8000回以上もリツイートされるなど反響を呼んでおり、導入の中止や見直しを呼び掛ける声が相次いでいました。

 

インボイスは、取引を通じて事業者をお互いに“けん制”させることで、消費税の免税業者に重大な二択を迫ります!
https://www.zenshoren.or.jp/zeikin/chouzei/180219-08/180219.html

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!