新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

「安倍首相の靖国神社参拝は政教分離に背く」、真宗教団連合が中止要請!靖国公式参拝の見直しを自民党に提出


*靖国神社
真宗教団連合(石上智康理事長)が「靖国神社の公式参拝は政教分離に反する」として、自民党本部に中止要請を提出しました。

この中止要請は浄土真宗10派の総長・宗務総長・宗務長の連名で提出され、安倍首相や閣僚らが靖国神社を公式参拝していることを、「憲法に定められた『信教の自由』『政教分離』の精神に背く行為」と指摘。靖国神社の公式参拝を中止するように強く求めていました。

靖国神社を巡っては中国や韓国からの抗議だけではなく、天皇陛下も参拝しておらず、政教分離の観点からも有識者の間で賛否両論となっています。

 

真宗教団連合 靖国公式参拝に中止要請文
http://bunkajiho.co.jp/blog/?p=1184

靖国公式参拝に中止要請文 政教分離の精神に背く行為
真宗教団連合(石上智康理事長)は5日、首相や閣僚の靖国神社公式参拝の中止を求め、浄土真宗10派の総長・宗務総長・宗務長連名の要請文を自由民主党本部に提出した。

要請文は、一宗教施設である靖国神社が、故人の宗教や遺族の意志に関わらず、戦争の犠牲者を強制的に「神」として合祀することについて、「『我が国における戦没者追悼の中心的施設である』という主張には無理がある」と指摘。国家を代表する首相や閣僚が公式参拝することを「憲法に定められた『信教の自由』『政教分離』の精神に背く行為」と抗議し、公式参拝を行わないよう要請している。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!