新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相が祖父・岸元首相の墓参り 憲法改正の決意を伝える?重要な方針決定前には岸信介氏のお墓

*首相官邸
8月12日に安倍晋三首相が地元の山口県に到着し、田布施町で祖父の岸信介元首相の墓参りをしました。
岸信介元首相は「昭和の妖怪」と呼ばれ、かつては太平洋戦争でA級戦犯としてアメリカ軍に拘束されるも、その後に釈放。釈放後は巧みな政治力で首相となり、日米安全保障条約の締結などを強引な国会運営で成し遂げました。

安倍晋三首相にとっては政治家としての父でもあり、何か重要な方針決定や政策を控えている時には、直前に岸信介元首相のお墓参りを行うことが多いです。今回のお墓参りでは憲法改正の決意を伝えたと見られ、秋の臨時国会で安倍首相がどのような方針を打ち出してくるのか注目だと言えるでしょう。

 

安倍首相、地元山口入り 祖父・岸元首相の墓参り
https://this.kiji.is/533530188527109217

安倍晋三首相は12日、昭恵夫人と共に地元・山口県入りし、実弟の岸信夫自民党衆院議員らと同県田布施町で祖父の岸信介元首相の墓参りをした。与党で改選過半数を上回った7月の参院選結果を報告し、憲法改正に向けた決意を伝えたとみられる。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!